洋楽アーティストの気になる情報を紹介!

大人のための洋楽ガイド

エアロスミスのおすすめ名曲ランキングTOP10!代表曲・人気曲を紹介!

投稿日:2019年10月5日 更新日:

 

映画『アルマゲドン』の主題歌「ミス・ア・シング」などのヒットで知られる人気ロックバンド、エアロスミス(Aerosmith)

 

2019年にバンド結成50周年(!)を迎えたアメリカが誇るレジェンド・アーティストです。

 

今回は、そんなエアロスミスの数ある名曲から10曲を厳選してご紹介したいと思います!

 

初期の作品から、2000年以降の作品まで幅広くセレクトしたので是非チェックしてみてくださいね♪

 

 

 

エアロスミスのおすすめ人気曲・代表曲を紹介!

エアロスミスとは?

まず最初にエアロスミスとはどんなグループなのか?について簡単にご紹介します。

エアロスミス メンバー

エアロスミスは、1973年にデビューしたアメリカ・ボストン出身のロックバンド。

これまでにグラミー賞を4回獲得。

全世界でのトータルセールスは1億5,000万枚以上で『最も売れたアーティスト』の1つである。

メンバーは、

  • スティーヴン・タイラー(ヴォーカル)
  • ジョー・ペリー(リード・ギター)
  • ブラッド・ウィットフォード(リズム・ギター)
  • トム・ハミルトン(ベース)
  • ジョーイ・クレイマー(ドラム)

出典:文)Wikipedia, 画像)CD『エアロスミス・ゴールド

 

エアロスミスは、2019年に結成50周年を迎えたレジェンド級のロックバンド!

 

そのキャリアをざっくり振り返ると…

  • 70年代中盤 エアロスミスの全盛期。名盤『ロックス』などをリリース!
  • 70年代後半~80年代中盤 トラブルが続き、やや低迷する
  • 80年代末~90年代中盤 アルバム『パンプ』など充実作をリリースし復活!

そして1998年、映画『アルマゲドン』の主題歌「ミス・ア・シング」が大ヒットし現在に至る、という感じです。

 

今回のランキングでは、

  • まず、最近のリスナーにも馴染みのある【90年代以降】の作品から3曲
  • 次に、全盛期の【70~80年代】の作品から7曲

この2パートに分けて計10曲をご紹介していこうと思います。

 

それでは早速、90年代以降のおすすめ曲から見ていきましょう!

 

 

【90年代以降】エアロスミスのおすすめ名曲ランキング3選!

1. ミス・ア・シング / I Don’t Want to Miss a Thing

Aerosmith - I Don't Want to Miss a Thing (Official Music Video)

 

まずは1998年公開の映画『アルマゲドン』の主題歌にもなった大ヒット曲「ミス・ア・シング」を紹介!

 

壮大なオーケストラの演奏をバックに、

目を閉じたくないよ

君のすべてを見逃したくないんだ

とロマンティックに歌い上げる傑作ラヴ・バラードです!

 

ちなみに70年代から活動しているエアロスミスは、この曲で初めて全米ナンバーワンを獲得しています。

 

これは、ちょっと意外な感じがしますよね。

 

2. ジェイディッド / Jaded

Aerosmith - Jaded (Official Music Video)

 

続いて紹介するのは、2001年リリースのヒットシングル「ジェイディッド」。

 

日本でもコカ・コーラのCMに使われていたので、サビの部分を聴けばすぐに「あ、これね」となりますよ♪

 

上で紹介した「ミス・ア・シング」と同じく、ストリングスをフィーチャーしたメロディアスな作品ですが、ちゃんとロック・テイストも残っているのがポイント。

 

ビター&スウィートな魅力を堪能できるエアロスミス後期の名曲です!

 

3. クレイジー / Crazy

Aerosmith - Crazy (Official Music Video)

 

1993年のシングル「クレイジー」は、哀愁漂うブルース・ハープが心に染みるスロー・バラード。

 

サビで連呼される「クレイジー、クレイジー…」というフレーズが耳に残りますが、

お前が去ってしまうなんて

俺はもう狂ってしまいそうだ…

と恋人を失った男の心の痛みが切々と歌われています。

 

開始3分10秒から始まる、ヴォーカル以上に情感の込もったギターソロは必聴ですよ!

 

さて続いて、70~80年代のおすすめ曲を見ていきましょう!

 

ここまではスローな曲が中心でしたが、ここからは勢いのあるロックナンバーも登場しますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

【70~80年代】エアロスミスのおすすめ名曲ランキング7選!

1. ウォーク・ディス・ウェイ / Walk This Way

Aerosmith - Walk This Way (Audio)

 

ファンキー・ロックの傑作「ウォーク・ディス・ウェイ」(1975年)は、エアロスミスの全キャリアを通しての一番の代表曲!

 

テレビ番組『踊る!さんま御殿!!』のエンディング・テーマとしても有名な作品です。

 

ちなみにこの曲は、人気ヒップホップユニット、ランDMCによるカバー・ヴァージョン(1986年)も大ヒット!

RUN DMC - Walk This Way (Video) ft. Aerosmith

 

上で少し触れましたが、エアロスミスは70年代後半~80年代半ばにかけて

  • ドラッグ問題
  • メンバー同士の対立

などから、やや低迷していたのですが…

 

このランDMCのカヴァーがヒットしたことで復調のキッカケをつかみ、1989年の名盤『パンプ』で完全復活を果たしています!

 

2. バック・イン・ザ・サドル / Back in the Saddle

Aerosmith - Back In The Saddle (Audio)

 

バック・イン・ザ・サドル」は、1976年リリースの名盤『ロックス』からのシングル曲。

 

エアロスミスの荒々しい魅力が全開(!)の作品で、

  • 唸りを上げるブルージーなギターと、
  • 耳をつんざく強烈なシャウト・ヴォーカル

が完璧な形で融合した初期の大傑作ナンバーです!

 

3. スウィート・エモーション / Sweet Emotion

Aerosmith - Sweet Emotion (Audio)

 

スウィート・エモーション」は、エアロスミスにとって初のトップ40ヒットとなった記念すべき一曲!

 

名盤『ロックス』にも劣らぬクオリティを誇る傑作『闇夜のヘヴィ・ロック』(1975年)に収録されています。

 

ちなみにこの曲は日本のミュージシャンにも大きな影響を与えていて、

1997年、相川七瀬は「Sweet Emotion」という歌を発表しヒットさせた。

この曲名は、エアロスミスの曲名から影響されたものである。

出典:Wikipedia

とのこと。他には、布袋寅泰さんもエアロスミスのギターをよくコピーしていたそうですよ。

 

4. ドリーム・オン / Dream On

Aerosmith - Dream On (Audio)

 

ドリーム・オン」は、センチメンタルなメロディが秀逸な初期の傑作!

 

1973年リリースのデビュー・アルバム『野獣生誕』に収録されています。

 

この曲は、上で紹介した「スウィート・エモーション」がヒットしたのを機に再リリースされ全米6位まで上昇しました。

 

5. ドロー・ザ・ライン / Draw The Line

Aerosmith - Draw The Line (Audio)

 

1977年リリースの「ドロー・ザ・ライン」は、躍動感あふれるパワフルなロックナンバー!

 

名盤『ロックス』の成功で勢いに乗るエアロスミスの姿が音から伝わってくるよう……

 

なんですが…!

 

この頃のバンドの状態は、メンバー間の軋轢やドラッグ問題で、かなり悪化していたのだそう。

 

この後、しばらくしてギターのジョー・ペリーはバンドを一時脱退してしまいます。

 

6. デュード / Dude

Aerosmith - Dude (Looks Like A Lady) (Official Music Video)

 

1987年リリースのシングル「デュード」は、ホーンセクションをフィーチャーした華やかな作品!

 

やや低迷気味だった彼らは、この頃から復調の兆しを見せ始めます。

 

7. ジェイニーズ・ガット・ア・ガン / Janie's Got a Gun

Aerosmith - Janie's Got A Gun (Official Music Video)

 

バンド史上初のグラミー賞受賞曲となった「ジェイニーズ・ガット・ア・ガン」は、ドラマティックなサウンドに思わず聴き惚れる名作!

 

エアロスミスの完全復活を印象づけた名盤『パンプ』(1989年)に収録されています。

 

ここで得た勢いは90年代になっても衰えず、次作『ゲット・ア・グリップ』(1993年)でも力の入った名曲を連発!

 

圧倒的な存在感を見せつけ、世界的ロックバンドの地位を不動のものにしています。

 

 

さいごに エアロスミスのヒット曲を紹介!

エアロスミスの作品の傾向を時代ごとに振り返ると…

  • 70年代 やりたい放題!粗野な魅力に溢れたロックンロール
  • 80年代以降 荒々しい魅力を保ちつつ「聴きやすさ」も重視したサウンドになっていく

ざっくりですがこんな印象になると思います(例外はありますが…)

 

どちらも本当に素晴らしいですが、個人的にはやはり初期の作品、アルバムで言えば

  • 『闇夜のヘヴィ・ロック』(1975年)
  • 『ロックス』(1976年)

この2枚のインパクトは絶大(!)で「ちょっと神がかっているな…」と感じるほどです。

 

なので「ミス・ア・シング」のようなバラード系の曲がお気に入りの方も、騙されたと思って初期作を聴いて頂ければな、と思います。

 

こちらの記事で、上に挙げた2枚のアルバムを含む「エアロスミスの名盤3選」を紹介しているので、よろしければチェックしてみてください♪

エアロスミス ロックス
エアロスミスのおすすめ人気アルバム3選!必聴の名盤をランキングで紹介!

  2019年に結成50周年を迎えた人気ハードロック・バンド、エアロスミス(Aerosmith)   ダイナミックなロックナンバーから壮大なバラード曲まで、バラエティ豊かなサウンド ...

続きを見る

→ エアロスミスのおすすめ人気アルバム3選!必聴の名盤をランキングで紹介!

 

「エアロスミスをまだ聴いたことがない」という方は、まずはベスト盤で代表曲を一通り聴いてみるのもオススメです!

 

 

こちらもおすすめ!

エアロスミスが好きな方には、ヴァン・ヘイレンもおすすめです!

ヴァン・ヘイレン 1984
ヴァン・ヘイレンのおすすめ名曲ランキング10選!代表曲・人気曲を紹介!

  80年代ハードロックを代表するアーティストとして有名な ヴァン・ヘイレン(Van Halen)。 驚異的なテクニックを誇るギタリスト、エディ ワイルドで華のあるヴォーカリスト、デイヴ  ...

続きを見る

→ ヴァン・ヘイレンのおすすめ名曲ランキング10選!

 

関連記事(エアロスミス)

→ エアロスミスのバンド名の由来は? 名前の意味が知りたい!

→ キッスの名曲ランキングTOP10!

→ クイーンのおすすめアルバムTOP3!

→ ヴァン・ヘイレンのおすすめ人気アルバム3選!

→ ドゥービー・ブラザーズの名曲ベスト10!

→ ローリング・ストーンズの名曲ランキングTOP10!

おすすめ記事
マルーン5 1

  「ディス・ラヴ」「サンデイ・モーニング」「シュガー」などのヒット曲で有名なマルーン5(Maroon 5)。   これまでに全世界で1億枚以上(!)のセールスを記録しているアメリ ...

オアシス メンバー 2

  「ワンダーウォール」「ホワットエヴァー」などの大ヒット曲で有名なイギリスのロックバンド、オアシス。   今回はそんなオアシスの代表曲・有名曲から10曲を厳選してご紹介したいと思 ...

グリーン・デイ メンバー 3

  「バスケット・ケース」「マイノリティ」などのヒット曲で有名な人気パンクバンド、グリーン・デイ(Green Day)。   「ポップパンク」「メロコア」の代表的なアーティストとし ...

-エアロスミス
-,

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved.