ジョー・ストラマー(クラッシュ)

ザ・クラッシュの名曲ベスト10!おすすめ名盤アルバムも紹介!

投稿日:2018年12月22日 更新日:

london-calling

1970年代後半に巻き起こったパンクブームの中で、最も成功したバンドのひとつが、ザ・クラッシュ

 

ヴォーカルのジョー・ストラマーは「パンクロックの象徴」として、今でもファンから熱い支持を受けています。

 

そこで今回は、ザ・クラッシュの数ある名曲の中から、10曲を厳選してご紹介しようと思います!

 

併せておすすめの名盤アルバムを3枚ご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

 

ザ・クラッシュ(The Clash)とは?

まずは、ザ・クラッシュとはどんなバンドなのか?をカンタンにご説明します!

クラッシュ

ザ・クラッシュは、1976年 - 1986年にかけて活動した、イングランド出身のパンク・ロックバンド。

「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第28位。

出典:Wikipedia

 

ザ・クラッシュの音楽性についてですが、

デビュー・アルバムは典型的なパンクだったが、

徐々にレゲエ、ダブ、ゴスペル、フォーク、R&B、ロカビリー、

ジャズ、スカ、カリプソといった様々な音楽的要素を取り入れ、

ついに3作目『ロンドン・コーリング』では独自の個性を確立、シーンに大きな影響を与えた。

出典:Wikipedia

 

「初期は普通のパンクだけど、徐々に音楽性に広がりが出てくる」ということですね。

 

こうした音楽性の変化に、一部のファンから「彼らはもうパンクではない」と批判の声も上がりました。

 

そうした声に対し、ヴォーカルのジョー・ストラマーは、グッとくる名言を返しています!

→ ジョー・ストラマーの感動的な名言と甲本ヒロトの想い

 

それではザ・クラッシュの名曲ベスト10を見ていきましょう!

 

 

ザ・クラッシュ(The Clash)の名曲ベスト10! おすすめの人気曲を紹介!

今回はランキング形式なので、それぞれの曲に順位をつけていますが、どれも甲乙つけがたい傑作ばかり!

 

なので、あまり順位は気にせず、お気に入りの1曲を見つけてくださいね♪

 

第10位 白い暴動(White Riot)

The Clash - White Riot (Official Video)

 

まずはザ・クラッシュの衝撃のデビュー曲から紹介!

 

ノイズまみれのギターを掻き鳴らし2分間を突っ走る「これぞパンク!」な傑作ナンバーです!

 

第9位 ジェニー・ジョーンズ(Janie Jones)

The Clash - Janie Jones (Official Audio)

 

傑作デビューアルバム『白い暴動』のオープニングナンバー!

 

一度、聴けば覚えられるほどメロディがポップなので、思わず一緒に歌いたくなります!

 

第8位 ガレージランド(Garageland)

The Clash - Garageland (Official Audio)

 

デビューアルバムのラストを締める名曲です!

 

シンプルな曲ですが何故か癖になり、またアルバムを最初からリピートすることに…。

 

第7位 アイ・フォウト・ザ・ロウ(I Fought the Law)

The Clash - I Fought the Law (Official Video)

 

1950年代に活躍した名バンド、バディ・ホリー&ザ・クリケッツのカヴァー曲です!

 

ザ・クリケッツは、ビートルズのバンド名の由来に深く関わっていることでも有名なんですよ。

→ ビートルズの名前の由来はカブトムシなの? バンド名の意味を知りたい!

 

第6位 トミー・ガン(Tommy Gun)

The Clash - Tommy Gun (Official Video)

 

少し影の薄いセカンド・アルバムからも1曲紹介!

 

イントロのドラムが最高!シンプルで豪快なロックンロールです!

 

第5位 トレイン・イン・ヴェイン(Train in Vain)

The Clash - Train in Vain (Official Audio)

 

名盤『ロンドン・コーリング』に収録された軽快なロックナンバーです!

 

跳ねるようなリズムが新鮮ですよね!

 

第4位 ハマースミス宮殿の白人((White Man)in Hammersmith Palais)

The Clash - (White Man) in Hammersmith Palais (Official Video)

 

スカのリズムを取り入れた緩めのグルーヴが気持ち良い1曲!

 

パンク風のサウンドから脱皮しつつある過渡期の作品です!

 

第3位 バンクロバー(Bankrobber)

The Clash - Bankrobber (Official Video)

 

深くエコーのかかったサウンドが印象的な名作です!

 

初期の「いかにもパンク!」な曲と比べると少し地味かもしれませんが、サウンドの面白さに注目してください。

 

こういう曲が「興味深いな…」と思った方は「ダブ」というジャンルを攻めるのがオススメですよ!

 

第2位 ロック・ザ・カスバ(Rock the Casbah)

The Clash - Rock the Casbah (Official Video)

 

1982年のアルバム『コンバット・ロック』に収録。

 

バンドにとって唯一のTOP10ヒットになった記念すべき1曲です!

 

ダンサブルなサウンドとポップなメロディの相性がバッチリですよね!

 

第1位 ロンドン・コーリング(London Calling)

The Clash - London Calling (Official Video)

 

第1位は、勇ましい曲調がカッコいい名盤『ロンドン・コーリング』のタイトル・ナンバー!

 

重々しいムードの中を、ズンズンと前に進んでいくような「力強さ」を感じる名曲です!

 

 

ザ・クラッシュ(The Clash)のおすすめ名盤アルバムを紹介!

『白い暴動』

ザ・クラッシュのデビュー作です!

 

勢いのあるパンクロックが聴きたい方にオススメ!

 

『ロンドン・コーリング』

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

ザ・クラッシュの代表作として有名なサード・アルバムです!

 

パンクの枠に収まらないバラエティ豊かな音楽性を楽しみたい方にオススメ!

 

『ザ・ストーリー・オブ・ザ・クラッシュ』

ザ・クラッシュの全キャリアから万遍なくセレクトされた2枚組ベスト。

 

お手頃な値段なので、まずはこのアルバムから入るのも良いと思います!

 

あとがき

ザ・クラッシュは解散からかなりの時間が経った今でも沢山のファンから支持されていますよね!

 

その理由は「音楽がカッコいい!」のはもちろんですが、ボーカルを務めるジョー・ストラマーの圧倒的な存在感 によるところも大きいと思います。

 

当サイトでは、ジョー・ストラマーのパーソナルな部分に焦点をあてた記事がいくつかありますので、ご興味のある方はぜひチェックしてくださいね!

 

関連記事(ジョー・ストラマー)

→ ジョー・ストラマーってどんな人? 生い立ち、死因、命日、結婚、身長について

→ ジョー・ストラマーの感動的な名言と甲本ヒロトの想い

→ 【洋楽パンク】思わず熱くなる!おすすめの名曲ベスト10!

おすすめコンテンツ

-ジョー・ストラマー(クラッシュ)
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.