洋楽アーティストの気になる情報を紹介!

大人のための洋楽ガイド

【洋楽】ラップ/ヒップホップ入門!おすすめアーティストと名曲・人気曲を紹介!

投稿日:2019年2月19日 更新日:

 

「洋楽ラップ/ヒップホップに興味があるけど、何から聴けば良いかわからない…」

 

一口にラップ/ヒップホップと言っても、いろんなアーティストがいるし、いろんな曲調があるので迷ってしまいますよね。

 

今回はそんな方のために、洋楽ラップ/ヒップホップ入門!おすすめ人気アーティストと名曲・人気曲を紹介します!

 

 

 

洋楽ラップ/ヒップホップ入門におすすめの曲とは?

「よし、ヒップホップを聴くぞ!」と意気込んで、いきなり

 

「ヒップホップの起源とは…」

 

みたいな所から入ると、途中で挫折してしまうと思うんですよね。

 

なので、最初はキャッチーで分かりやすいヒップホップを聴いて、

 

「ヒップホップって良いじゃん、カッコいいじゃん!」

 

と、思いっきり楽しむことから始めるのが一番だと思います。

 

今回、ヒップホップ入門として選んだのは、

  • メロディアス
  • うるさくない
  • ジャジーで洗練されている

というような聴きやすい曲ばかり。

 

メロディアスと言っても、リップスライムみたいに、サビで完全に歌モノになるのではなく…。

 

曲全体(トラック)がメロディアス、というイメージです。

 

実際、私もこれらの曲を聴いて「ヒップホップってかっこいい!」と思ったので、きっと参考になるはず。

 

それでは早速、洋楽ヒップホップ入門におすすめの名曲を見ていきましょう!

 

 

洋楽ラップ/ヒップホップ入門!おすすめの名曲と人気アーティストを紹介!

1. コモン / Common

Common - GO!

 

まずはシカゴ出身のラッパー、コモンによるキャッチーな名曲「Go!」を紹介!

 

この曲はカニエ・ウェストがプロデュース、ヴォーカルでジョン・メイヤーが参加しています。

 

2. カニエ・ウェスト / Kanye West

Kanye West - Heard 'Em Say ft. Adam Levine

 

言わずと知れた超有名ラッパー、カニエ・ウェスト

 

ニュースや雑誌などでは何かとお騒がせなイメージですよね。

 

ですが、そういったイメージとは裏腹に、カニエの作品は繊細でメロディアスなものが多いんです。

 

この「Heard 'Em Say」という曲には、マルーン5のヴォーカル、アダム・レヴィーンが参加しています。

 

マルーン5のおすすめ人気曲ランキングTOP10!代表曲・アルバムも紹介!

 

3. キャンプ・ロー / Camp Lo

Camp Lo - Black Nostaljack AKA Come On (Video Version With Titles)

 

70年代ソウルの名曲を大胆にサンプリングする2人組、キャンプ・ロー。

 

この「Black Nostaljack」も、超有名曲をモロ(!)に使っていますが、ここまで堂々とやられるとむしろ気持ち良いです!

  • 元ネタを知らない人は新鮮に聴ける
  • 知っている人は「ニヤリ」

と、誰もが楽しめる名曲になっています。ちなみに元ネタはこちら。

Curtis Mayfield - Tripping Out

 

アルバムジャケット(↓)も、マーヴィン・ゲイの名盤『アイ・ウォント・ユー』のオマージュになっています。

 

4. ナズ / Nas

Nas - Nas Is Like

 

ヒップホップの定番中の定番ナンバー「Nas Is Like」

 

本当はこれを1曲目に紹介しようと思っていたのですが…。

 

ナズは90年代ヒップホップを語るとき、真っ先にその名前が挙がるレジェンド・ラッパー。

 

この曲を収録した名盤『Illmatic』は必聴の作品です!

 

5. ア・トライブ・コールド・クエスト/ A Tribe Called Quest

A Tribe Called Quest - Hot Sex

 

ジャズ音源を巧みにサンプリングした作風で一世を風靡した、ア・トライブ・コールド・クエスト

 

今回はエディ・マーフィ主演の映画『ブーメラン』に使われた名曲「Hot Sex」を紹介します!

 

6. ルーツ / Roots

Mellow My Man

 

「バンド形態でヒップホップを演奏する」という革新的なスタイルでデビューしたザ・ルーツ

 

中心メンバーのクエストラブは、

  • ジョン・レジェンド
  • ディアンジェロ

と共演するほどの凄腕ドラマーです。

 

このスネアドラムの音…! ラップの上手さ…! 最高ですよね!

 

7. デ・ラ・ソウル / De La Soul

De La Soul - Say No Go (Official Music Video)

 

洗練された音楽性とユーモアセンスで、後続のミュージシャンに大きな影響を与えたデ・ラ・ソウル

 

ヒップホップと言うと、ちょっと「いかつい」イメージもありますが、彼らはそれとは全く正反対のイメージです。

 

日本のミュージシャンでは、

  • スチャダラパー
  • ライムスター

などが彼らの影響を受けたことを公言しています。

 

この「Say No Go」という曲は、80年代に活躍したソウルデュオ、ホール&オーツの名曲「I Can't Go For That (No Can Do)」をサンプリングしたポップな傑作!

Daryl Hall & John Oates - I Can't Go For That (No Can Do) (Official Video)

 

「ヒップホップは楽しいんだ」ということを教えてくれるような作品です。

 

アルバム・ジャケット(↓)もカラフルでかわいいですよね。

 

さいごに 洋楽ラップ/ヒップホップ入門!おすすめアーティストを紹介!

ヒップホップと言うと、

  • うるさい
  • 過激
  • 暴力的

というイメージを持つ方も多いと思うんですよね。(実際そういう曲も多いですし…)

 

でも、今回ご紹介した曲を聴いて頂ければ「そういう曲ばかりではないんだ!」ということがお分かり頂けると思います。

 

選曲は私の好みがかなり入っているので、ちょっと偏っているかもしれませんが…。

 

でも、どの曲もキャッチーで聴きやすいものばかり!

 

ヒップホップ入門には最適なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

関連記事(洋楽ヒップホップ)

→ 【グラミー賞】チャイルディッシュ・ガンビーノってどんな人? 代表曲・プロフィールを紹介!【ディス・イズ・アメリカ】

→ レッチリのおすすめ名曲ランキングTOP10!代表曲・人気曲を一挙紹介!

→ オアシスのおすすめ名曲ランキングTOP10!代表曲・ヒット曲を一挙紹介!

おすすめ記事

-ジャンル別・おすすめ洋楽
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved.