【洋楽】パワーポップの名曲・名盤10選|おすすめバンドも紹介!

 

ポップで親しみやすいメロディと、はじけるようなロックサウンドが魅力の パワーポップ

 

ラズベリーズ、ウィーザー、ファウンテインズ・オブ・ウェインなど新旧問わず素晴らしいアーティストがそろっているため、音楽好きの間で根強い人気のあるジャンルです。

 

今回はそんなパワーポップの数ある名曲・名盤の中から特におすすめの10作品をご紹介していこうと思います!

 

60~80年代の定番ナンバーから、90年代以降の比較的新しい作品まで、幅広く選んでみたので是非チェックしてみてくださいね。

 

 

 

こちらもおすすめ

→ そっくり? ビートルズに影響を受けた洋楽アーティストまとめ

 

パワーポップとは?

 

まず「パワーポップとはどんな音楽なのか?」を簡単にまとめると、

パワー・ポップとは、ロックの形態の一種。

ポップなメロディと、はじけるようなサウンドが特徴。

イギリス、アメリカで1970年代に発生した。

元祖とされているバンドは、ビートルズの流れを引き継ぎながら、ポップで適度にハードなサウンドを奏でていた

  • ラズベリーズ
  • バッドフィンガー

などである。

参考:Wikipedia

 

もう少しだけ付け加えると、上の引用文にある「ビートルズの流れを引き継いだ」バンド以外にも、

  • フォークロック風のバンド
  • ほとんどハードロックでは?というバンド

をパワーポップとして扱うこともあるため、聴いたときの印象はけっこうバラバラなんですよね。

 

でも全てのアーティストに共通しているのは「歌(メロディ)を大事にしている」ということ!

 

斬新さ、インパクトはあまりないですが、流行り廃りのないエバーグリーンなサウンドなので、一度気に入ったらずーっと楽しめると思います♪

 

今回のパワーポップの名曲10選は、まず60~70年代から始まって、段々と新しい作品になっていくので…

 

10~30代の若いリスナーの方は後半の作品、とくに

辺りからチェックすると良いかもしれません。

 

それでは早速、見ていきましょう!

 

 

【洋楽】パワーポップの名曲・名盤10選|おすすめバンド・アーティストも紹介!

1. ラズベリーズ/ゴー・オール・ザ・ウェイ

Go All The Way

 

まずは「パワーポップの元祖」と評されるアメリカの4人組、ラズベリーズから紹介!

 

全米5位を記録したシングル「ゴー・オール・ザ・ウェイ」(1972年)は、パワフルなギターサウンドに甘いメロディ、そして華麗なコーラスが見事に噛み合った「これぞパワーポップ」な作品です!

 

ラズベリーズのような60~70年代半ばに活躍したバンドで、他にオススメなのは、

…ってもう挙げきれないですね。名前を並べただけで胸が熱くなりますよ、私は…。

The Move - Fire Brigade (1968)

 

2. チープトリック/サレンダー

Cheap Trick - Surrender (Audio)

 

チープトリックは、本国よりも日本で先に人気が出た、というクイーンのような経歴を持つアメリカの4人組。

 

ハードロックとして扱われることも多いグループですが、ビートルズにも負けないキャッチーなメロディセンスがあるためパワーポップ・ファンにも愛されています!

 

代表曲「サレンダー」(1978年)は彼らのポップな魅力が全開(!)なので「ハードロックは苦手…」という方も是非チェックしてみてくださいね♪

 

チープトリックのようなサウンドがお好みの方には、

などもオススメです!

The Faith Healer (Remastered Version)

 

こちらもおすすめ

→ キッスのおすすめ名曲ランキング

→ キッスが好きな人におすすめのバンドを紹介!

 

3. エルヴィス・コステロ/オリヴァーズ・アーミー

Elvis Costello & The Attractions - Oliver's Army (Official Music Video)

 

UKロック界の重鎮、エルヴィス・コステロ の初期作は、パンクロック、パブロックとして扱われることが多いですが、パワーポップ・ファンにも絶対に刺さるサウンド!

 

上の動画「オリヴァーズ・アーミー」(1979年)以外にも「勤労週間へようこそ」(1977年)など名曲がたくさんありますよ♪

Welcome To The Working Week

 

1曲目「オリヴァーズ・アーミー」は、3rdアルバム『アームド・フォーセス』に、

 

2曲目「勤労週間へようこそ」は、1st『マイ・エイム・イズ・トゥルー』にそれぞれ収録されています。

 

エルヴィス・コステロのような70年代半ば~80年代イギリスのアーティストだと

などもオススメです♪

Third Rail

 

こちらもおすすめ

→ 【UKロック】年代別おすすめバンドまとめ

 

4. マーシャル・クレンショウ/サムデイ・サムウェイ

Someday, Someway (Remastered)

 

アメリカ・デトロイト出身のシンガーソングライター、マーシャル・クレンショウは、一般的な知名度はやや低いのですが、パワーポップを語るとき絶対に外せない存在!

 

50~60年代の古き良きロックンロール、R&Bへの愛情がたっぷり詰め込まれた彼の作品は、上の動画「サムデイ・サムウェイ」(1982年)をはじめタイムレスな輝きにあふれています!

 

マーシャル・クレンショウのような70年代半ば~80年代アメリカのアーティストなら

もオススメです♪

Oh Babe

 

5. ジェリーフィッシュ/半分裸の王様

The King Is Half-Undressed

 

ジェリーフィッシュは、ビートルズ、クイーンなどの影響を感じさせる極上のポップセンスが魅力!

 

活動期間は短くアルバムも2枚しかリリースしていないのですが、彼らが音楽シーンに与えたインパクトは絶大(!)で、日本でもクラゲ・マニアが大発生しました。

 

上の動画「半分裸の王様」を収録した1stアルバム『ベリーバトゥン』の方が、パワーポップ的な魅力は高いと思うのですが…

 

めくるめくポップワールドを展開する2nd『こぼれたミルクに泣かないで』も素晴らしいので、どちらも押さえておいてくださいね♪

Joining A Fan Club

 

ちなみにメンバーのソロ作・プロデュース作も傑作ぞろい!アーティスト名でいうと

などがオススメです!

Little Monkey Friend

 

こちらもおすすめ

ジェリーフィッシュを気に入った方は、ハーモニーが美しい洋楽10選 で紹介しているソニック・エグゼクティブ・セッションズを是非どうぞ!

【洋楽】ハーモニー、コーラスがきれいな名曲10選|おすすめグループも紹介!

  華麗なハーモニーやコーラスには、聴いているだけで気持ちがフワッと明るくなるような魅力がありますよね。   今回はそんなハーモニーがきれいで美しい洋楽の名曲を厳選して10曲ご紹介 ...

 

6. マシュー・スウィート/タイム・カプセル

Matthew Sweet - Time Capsule

 

マシュー・スウィートは、胸がキュンとなるような美しいメロディを次々に生み出す稀代のシンガーソングライター。

 

演奏に関しては「パワーポップとして扱うにはやや渋めかな?」と感じるものも多いですが…

 

センチメンタルな魅力が光る名曲「タイム・カプセル」は、パワーポップ・ファンの心にも響くと思います!

※ 虫が苦手な方は閲覧注意。音声だけ聴くようにしてくださいね

 

その他には、揺らめくようなカントリーギターが儚さを掻き立てる「ユー・ドント・ラヴ・ミー」や、

You Don't Love Me Matthew Sweet

 

爽快なハーモニーを楽しめるフォークロック・ナンバー「アイヴ・ビーン・ウェイティング」などもおすすめ!

Matthew Sweet - I've Been Waiting

 

上の3曲は全て『タイム・カプセル~ザ・ベスト・オブ・マシュー・スウィート』に収録されています。

 

オリジナル・アルバムなら1991年リリースの名盤『ガールフレンド』をどうぞ!

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

 

マシュー・スウィートのような、フォークロック、カントリーロック系のサウンドがお好みの方は、

なども要チェックです!

Neil Jung

 

こちらもおすすめ

→ 【洋楽】フォークロックのおすすめバンド10選

→ 【洋楽】カントリーロックのおすすめバンド10選

 

7. ポウジーズ/ソーラー・シスター

Solar Sister

 

ポウジーズは、90年代アメリカのパワーポップ・シーンを代表する名バンド!

 

彼らの1993年のシングル「ソーラー・シスター」は、ざらついたギターに甘いメロディ、さらに鮮烈なハーモニーも加わった「パワーポップの理想形」と表現したくなる傑作です!

 

私が「パワーポップ」という言葉を意識するようになったのも、この曲を聴いたことがキッカケ。

 

ここからパワーポップの名盤を追い求め、ディスクユニオンをさまよい歩く日々が始まったのですが…

 

そのときのことを話し始めると長くなってしまうので、今回は止めておきます(本当に思い出がたくさんあるのですが…)

 

本曲を収録した3rdアルバム『フロスティング・オン・ザ・ビーター』は、他にも「ドリーム・オール・デイ」など名曲がズラリ!

The Posies - Dream All Day

 

私の中ではパワーポップという枠を超えて「90年代ロックのベスト10」に入る作品です!

 

ポウジーズの他のアルバムでオススメなのは、「サドンリー・メアリー」などフォーキーな名曲を収録した2nd『ディア23』と、

 

よりハードなサウンドに磨きがかかった4th『アメイジング・ディスグレイス』

 

3rd『フロスティング~』を気に入ったら、この2枚も聴いてみると良いと思います!

 

ポウジーズのようなサウンドがお好みの方は、

なども是非どうぞ♪

Changes
created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

 

こちらもおすすめ

ルーニー、サマーキャンプについては以下の記事で紹介しています。

→ 【洋楽ロック】疾走感あふれるカッコいい名曲15選

 

8. スーパーグラス/コウト・バイ・ザ・ファズ

Supergrass - Caught By The Fuzz (Official HD Video - US Version)

 

スーパーグラスは、ヴォーカル&ギターのギャズ・クームスを中心としたロックトリオ。

 

彼らは90年代イギリスで興ったブリットポップ・ムーヴメントの流れでデビューしているので、パワーポップとして扱われることは少ないのですが…

 

上の動画「コウト・バイ・ザ・ファズ」の人懐っこいメロディと弾けるようなギターサウンドを聴いてもらえば、私がここで紹介したくなる気持ちも分かってもらえるはず!

 

パワーポップ・ファンには傑作1st『アイ・シュド・ココ』を大推薦します!

 

ちなみに私は「パンク・ロックのおすすめ10選」という記事でも、スーパーグラスを無理やりねじ込んだ前科があるのですが…

 

そうやってあらゆる手を使って推したくなるほど魅力的なバンドなんです。このライヴ動画もカッコ良すぎませんか…?

Supergrass - Caught By The Fuzz (live)

 

他のブリットポップのバンドで、パワーポップ・ファンにもオススメできそうなのは、

などなど。まだいそうですが、とりあえず思いつくまま挙げてみました。

The Boo Radleys - Wake Up Boo!

 

こちらもおすすめ

→ 【ブリットポップ】おすすめ人気バンドまとめ

 

9. ウィーザー/ユー・​ゲイブ・ユア・ラブ・トゥ・ミー・ソフトリー

You Gave Your Love To Me Softly

 

轟音ギター&泣きのメロディが魅力の4人組、ウィーザーは「エモい」バンド代表で選びました!

 

でも最近は「エモい」という言葉の意味も変わっているのかな?

 

テレビで若者が夕焼けを見て「めっちゃエモい…」と言ってましたが「心に染みる」的なニュアンスもあるみたいですね。

 

まぁそれは一旦置いておいて、今回の「エモい」は轟音ギターに絶叫ボーカルのような意味です。

 

(追記)このツイート(↓)が私の言いたいことを代弁してくれてる…。まさにこれですよ!

 

話を戻して…、ウィーザーの1st、2ndアルバムはエモいロックが聴きたい方は必聴ですよ!

上の動画「ユー・​ゲイブ・ユア・ラブ・トゥ・ミー・ソフトリー」は、2nd『ピンカートン』のデラックス・エディションに収録されています。

 

こちらもおすすめ

→ ウィーザーのおすすめ人気曲ランキング

 

ウィーザーが好きな方には、

などもおすすめ!ビルト・トゥ・スピルはシューゲイザー系が好きな方もぜひ聴いてみてください♪

The Wannadies - Shorty (7inch)

 

こちらもおすすめ

ワナダイズについては以下の記事でも紹介しています(他にはトランポリンズ、メリーメイカーズがおすすめです)

→ 【洋楽】スウェーデンの有名バンド10選

 

10. ファウンテインズ・オブ・ウェイン/愛しのデニース

Fountains Of Wayne - Denise (Official Music Video)

 

ファウンテインズ・オブ・ウェインは、極上のメロディをエッジの利いたロックサウンドに乗せて聴かせる最強のパワーポップ・バンド!

 

残念なことに中心メンバーの一人、アダム・シュレシンジャーが昨年(2020年)亡くなってしまったのですが、彼らの残した名曲・名盤の数々は今も変わらす音楽ファンから愛され続けています。

 

本当に良いアルバムが多いバンドなので「どれがベスト作か?」は、意見が分かれがちなんですが…

 

私はソリッドなギターリフで攻めまくる名曲「愛しのデニース」を収録した2nd『ユートピア・パークウェイ』がイチオシ!

 

他にも卒業パーティーの一夜をロマンティックに描いた「プロム・テーマ」など良い曲が目白押しですよ♪

Prom Theme

 

こちらもおすすめ

→ 【洋楽】卒業ソングのおすすめ10選

 

続く3rdアルバムもヒット曲「メキシカン・ワイン」などを収録した充実作!

Mexican Wine

 

ファウンテインズ・オブ・ウェイン以外で、90年代以降のおすすめバンドを挙げてみると、

The Lemon Twigs - The One (Official Video)

 

こちらもおすすめ

→ レモン・ツイッグスってどんなバンド? おすすめ曲も紹介!

 

大物アーティストなら、パワーポップとして扱われることはありませんが、

などが良いかと思います。

Green Day - Redundant [Official Music Video]

 

グリーン・デイのポップパンク/メロコア路線の曲が苦手な方も、上の動画「リダンダント」を収録した『ニムロッド』は楽しめるのでは? と思いますよ!

 

こちらもおすすめ

→ グリーン・デイの人気曲ランキング

→ オアシスの人気曲ランキング

 

あとは硬派なリスナーからはスルーされそうなアヴリル・ラヴィーンも、私はけっこう好きなんですよね。

Avril Lavigne - Sk8er Boi (Official Music Video)

 

上の動画「スケーター・ボーイ」なんてパワーポップ好きの方にピッタリだと思います!

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

 

こちらもおすすめ

→ アヴリル・ラヴィーンの人気曲ランキング

 

さいごに 洋楽パワーポップのおすすめバンドまとめ

最後にパワーポップではないのですが…、ここ数年のポップ系シンガーソングライターの中でバツグンの存在感を誇る レックス・オレンジ・カウンティ を紹介して終わろうと思います。

Rex Orange County - Television / So Far So Good (Official Audio)

 

オレンジ・カウンティといっても、アメリカ西海岸にあるやたらスピーディーなパンクロックが流行した都市とは全く関係ないのだそう(ただのアダ名らしい)

Rex Orange County - Best Friend (Glastonbury 2019)

 

この大合唱…!なんとキラキラした空間なのか…。私のようなおじさんには眩しすぎるぜ…

 

しかし、こんなコンビニに行くような格好がサマになるのも若さの特権ですね、いいなぁ…

 

この記事で紹介してきたマニアックなアーティストも、音楽聴き放題アプリ「Amazon Music Unlimited」を利用すれば(全てではないですが…)すぐにまとめて聴けるので便利ですよ♪

 

初めての方は無料期間があるので、もし気になったら試してみてはいかがでしょうか?

Amazon Music Unlimitedって実際どう? メリット・デメリット・感想まとめ

ここ数年の間で、定額制の音楽配信(聴き放題)サービスを使う人が本当に増えましたよね。 Spotify Apple Music LINE MUSIC Amazon Music Unlimited などな ...

※公式ページ:Amazon Music Unlimited

 

ということで、今回は「パワーポップの名曲・名盤10選」をご紹介してきましたが、当サイトでは他にも「ピアノロックのおすすめ10選」や、

ピアノロック
【洋楽】ピアノロックのおすすめアーティスト10選!激しいバンドから切ないバラード歌手まで

  ピアノを弾きながら歌うロック・ミュージシャンって憧れますよね。 激しく鍵盤を叩く姿 切ないバラードを歌い上げる姿 このギャップに、私はいつもやられてしまいます。   そこで今回 ...

 

イギリスの国民的ロックバンド、クイーンの名盤3選

クイーン アルバム シアー・ハート・アタック
クイーンのおすすめ人気アルバムBest 3!必聴の名盤をランキングで紹介!

  「伝説のチャンピオン」「キラー・クイーン」などのヒット曲で有名なイギリスの人気バンド、クイーン(Queen)。   映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒット以降、さまざまなメデ ...

※ パワーポップ好きには 3rd『シアー・ハート・アタック』がおすすめ

 

マイナーだけどおすすめのバンド10選」などもご紹介しています!

【洋楽】マイナーだけどおすすめのバンド10選|名曲・名盤アルバムも紹介!

  たくさん音楽を聴いていると、 こんなに良い曲を作ってるのに何で売れないんだろう? もっと広く世に知られるべき存在なのに…! と思ってしまうアーティストっていませんか?(私はいます…それも ...

※ パワーポップ好きには スローン、セミソニック、ライナス・オブ・ハリウッド がおすすめ

 

その他にもたくさんの記事があるので、もし気になった方は併せてチェックしてみてくださいね♪

 

 

おすすめ記事

→ そっくり? ビートルズに影響を受けた洋楽アーティストまとめ

→ ビートルズの名曲ランキング20選

→ ポール・マッカートニーの名曲20選

→ ジョン・レノンの名曲12選

→ ジョージ・ハリスンの名曲10選

 

 

おすすめ記事

1

クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒット以降、 エルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』 ビートルズを題材にした『イエスタデイ』 などなど…音楽をテーマにした映画が世界的に流行って ...

Amazon プライム 2

インターネットでお買い物するとき、絶対に欠かせないのが Amazon ですよね。   今回は、そんなアマゾンを もっとお得に もっと便利に 利用するために必須のサービス「Amazonプライム ...

洋楽 女性 アーティスト おすすめ チャーチズ ローレン・メイベリー 3

  テイラー・スウィフト、マライア・キャリー、マドンナ、カーペンターズ…   いつの時代も必ず、世界中の音楽ファンをトリコする女性歌手がいますよね!   そこで今回は、歴 ...

-ジャンル別・おすすめ洋楽

© 2021 大人のための洋楽ガイド