TOTO

TOTOの名曲ランキングTOP10!おすすめの人気曲・代表曲を徹底紹介!

投稿日:2018年11月19日 更新日:

TOTO The-Seventh- One

80年代ロックシーンを振り返るとき、必ず名前が挙がるバンドが「TOTO」

 

「AOR」というジャンルの代表的なアーティストとして有名です!

 

今回は、そんなTOTOの代表曲の中から10曲を厳選してご紹介したいと思います!

 

どれも名曲ばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

 

 

TOTOの人気曲ランキングTOP10! おすすめの名曲を紹介!

TOTO バンド名 由来

TOTOの音楽の特徴は、なんといってもサウンドが多彩なこと。

  • ジャズ
  • ソウル
  • プログレ
  • ハードロック

など様々なジャンルのエッセンスを取り込む、自由自在の音作りは圧巻の一言です。

 

今回のベスト10も、そんなTOTOのサウンドの幅広さを楽しめるような選曲にしてみました!

 

第10位 ストップ・ラヴィング・ユー(Stop Loving You)

Toto - Stop Loving You

 

『ストップ・ラヴィング・ユー』は、TOTOらしい洗練されたサウンドと、親しみやすいポップなメロディが融合した名曲!

 

「君を愛さずにはいられない」とロマンチックに歌い上げるのは、ヴォーカルのジョセフ・ウィリアムズです。

 

TOTOは何度かヴォーカリストが交代していますが、ジョセフはその中で最も甘い声の持ち主(さらにイケメン!)として有名なんですよ。

 

第9位 ホーム・オブ・ザ・ブレイブ(Home of the Brave)

Toto - Home Of The Brave [HQ]

 

『ホーム・オブ・ザ・ブレイブ』は、TOTOのロックな部分が楽しめる名曲です!

 

疾走感あふれるハードなサウンドの中にも、TOTOらしい「スマートさ」があるので、どんな方にも聴きやすいと思いますよ。

 

シンセサイザーのアレンジが、曲をさらにドラマチックに盛り上げています!

 

第8位 パメラ(Pamela)

(CONTA) TOTO - pamela HD (ORIGINAL VIDEO)

 

『パメラ』は、ミッドテンポの傑作ファンク・ナンバー!

 

こんなリズムを聴いたら、自然と体が動いてしまいますよね。

 

ホーンセクションが曲をさらに盛り上げています!

 

※ 8位~10位の曲は、1988年のアルバム『ザ・セブンス・ワン ~第7の剣~』に収録されています。

 

第7位 リア(Lea)

Toto - Lea [HQ]

 

『リア』は、心が安らぐような「癒やし」を感じる名曲!

 

シンセサイザーの音の余韻が本当に美しいですよね。

 

仕事などで疲れているときに聴くのもオススメですよ!

 

第6位 アイル・ビー・オーヴァー・ユー(I'll Be Over You)

Toto - I'll Be Over You - MTV classic (80's)

 

『アイル・ビー・オーヴァー・ユー』は、ドラマチックなバラード・ナンバー!

 

「失恋の心の痛み」を切々と歌うスティーブ・ルカサーのヴォーカルが素晴らしいですよね。

 

壮大で美しい曲調と、普遍的な歌詞が組み合わさった歴史に残る名曲です!

 

※ 6位~7位の曲は、1986年のアルバム『ファーレンハイト』に収録されています。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

 

スポンサーリンク

 

第5位 99

Toto - 99

 

『99』は、ファンキーなリズムと切ないメロディが融合した名曲!

 

当時、流行していたAOR風のサウンドが印象的です。

 

この曲の歌詞ですが「99、君を愛してる」というちょっと不思議な内容。

 

どういう意味か?と言うと、

 

ジョージ・ルーカスの映画にインスパイアされた歌詞で

 

「名前が数字に置き換えられた」近未来の架空の世界のラヴソングなのだそうです。

 

面白いアイディアですよね!

 

※この曲は、1979年のアルバム『ハイドラ』に収録されています。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

 

第4位 ホールド・ザ・ライン(Hold the Line)

Toto - Hold The Line (Official Music Video)

 

『ホールド・ザ・ライン』は、TOTOのデビュー・シングル!

 

「ハードだけど洗練されている」という相反する要素が見事に融合した名曲です。

 

TOTOの音楽性を象徴するような傑作なので、ぜひチェックしてみてください!

 

第3位 ジョージー・ポージー(Georgy Porgy)

Toto - Georgy Porgy (Video Version)

 

『ジョージー・ポージー』は、大人の雰囲気が漂うメロウ&グルーヴィな名曲!

 

サウンド、リズム、メロディの組み合わせが「これ以外ない!」と言うほど完璧にハマっています!

 

ちなみに、こちらは日本の『流線型』というアーティストの曲なんですが、

流線形と比屋定篤子 - まわれまわれ

 

モロに影響を受けているのが分かりますね。

 

※3位~4位の曲は、1978年のデビューアルバム『宇宙の騎士』に収録されています。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

 

第2位 ロザーナ(Rosanna)

Toto - Rosanna (Official Music Video)

 

『ロザーナ』は、グラミー賞「最優秀レコード賞」を獲得した TOTOの全楽曲の中でも1、2を争う人気曲です!

 

この曲のリズムは「ハーフタイム・シャッフル」と呼ばれる高度な演奏テクニックを要するもので、発売当時、多くのミュージシャンに衝撃を与えました。

 

ドラマーのジェフ・ポーカロの超絶テクニックを堪能してくださいね!

 

第1位 アフリカ(Africa)

Toto - Africa (Official Music Video)

 

『アフリカ』は、全米ビルボード・チャートでナンバー・ワンに輝いた歴史に残る名曲!

 

「TOTOの代表曲と言えばアフリカ!」とファンが口をそろえる程の人気曲です!

 

2018年にはこの曲のカヴァーバージョンが、リバイバル・ヒットしています。

→ TOTOの名曲アフリカ(Africa)を「意外」なバンドがカバーして再ヒットしたって本当?

 

時代を超えて歌い継がれる真の名曲なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

※1位~2位の曲は、1982年の名盤『TOTO IV ~聖なる剣』に収録されています。

 

さいごに TOTOの名曲ランキングTOP10!

今回、TOTOの名曲を聴き直して感じたのは、彼らのミュージシャンとしての圧倒的な懐の深さ!

 

音楽性が幅広いのに加えて、どの曲調でも名曲を残していることに驚きましたね。

 

色々な音楽の要素を取り入れているけど「ヒット曲はバラード系のみ」とかじゃないんですよ。

 

そんなTOTOですが、2019年2月にデビュー40周年記念のワールドツアーで来日することが決定!

→ TOTOの来日公演が2019年2月に開催決定! 参加メンバーは誰? 日程、会場、チケットは?

 

スティーブ・ルカサーは、今回の来日公演のセットリストについて以下のように語っています。

新しいものが入るからそれを楽しみにしてほしいな。

皆が聴きたい絶対にやらなくてはならない曲もあるけど、皆を驚かすような曲も考えているから。

今までライヴでやっていなかったような曲とか。

出典:https://www.barks.jp/news/?id=1000164054

 

「皆を驚かすような曲」とは何なのか? 予想してみるのも面白いかもしれませんね。

 

また40周年の区切りで新しいベスト・アルバム(新曲含む)もリリースされています!

 

ぜひこちらも併せてチェックしてみてくださいね!

 

◆追記(2019年2月15日)

TOTO来日コンサート2019初日(広島公演 2/14)のセットリストをまとめました!

→ 【セトリ】TOTO来日コンサート2019(2/14 広島公演)のセットリストを紹介!

洋楽 AOR おすすめ アーティスト 名曲 名盤
【洋楽AOR】おすすめ人気アーティストと必聴の名曲・名盤アルバムを一挙紹介!

ジャジーで洗練された曲調で、世代を問わず愛されている音楽ジャンル「AOR」   2019年は、AORの代表的なミュージシャンである TOTO ボズ・スキャッグス クリストファー・クロス など ...

続きを見る

 

関連記事(TOTO)

→ TOTOのバンド名の本当の由来は何? トイレ説はジョークらしい

→ ボズ・スキャッグスの代表曲ベスト10!おすすめの人気バラードや有名曲を紹介!

→ クリストファー・クロスの代表曲ベスト10!風立ちぬ・セイリングなど有名曲を一挙紹介!

→ ドゥービー・ブラザーズの名曲ベスト10!おすすめ名盤アルバムも紹介!

おすすめコンテンツ

-TOTO
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.