ポール・マッカートニー

【レビュー】ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』の感想|タイトルの意味は?

更新日:

ポール・マッカートニー トランプ 批判 新作

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が5年ぶりの新作アルバムを発表しました。

 

アルバムのタイトルは『エジプト・ステーション(Egypt Station)』

 

ちょっと変わったタイトルですよね。

 

そこで今回は、

  • 『エジプト・ステーション』についての基本情報
  • 『エジプト・ステーション』を聴いた感想

この2点について書いていこうと思います!

 

スポンサーリンク

 

ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』の基本情報

まず今作の基本的な情報を紹介しますね!

 

主なポイントはこの3つ。

  • ジャケットのアートワークが斬新!
  • アルバム・タイトルの意味は?
  • プロデューサーのグレッグ・カースティンについて

ひとつずつ見て行きましょう!

 

1.ジャケットのアートワークが斬新!

今回のアルバム・ジャケットのアートワークは、ちょっと斬新ですよね。

 

ポール・マッカートニー 新作 エジプト・ステーション

 

カラフルで賑やかな雰囲気ですが、全体的な色はちょっとだけくすんでいて、単純に陽気な感じではない、という印象。

 

古代の壁画(?)のようなニュアンスもありますよね。

 

ちょっと面白いアートワークなんですが、なんと!これはポール自身が描いたもの。

 

1988年の作品で、この絵が今回のアルバム・コンセプトの元にもなっているんです。

 

2.タイトルの『エジプト・ステーション』の意味は?

ポールは『エジプト・ステーション』という言葉の意味について以下のように語っています。

僕は『エジプト・ステーション』という言葉を気に入っている。

 

僕ら(ビートルズ)が過去に作った作品を思い出させるんだ。

 

今回の作品は1曲目の駅から出発し、それぞれの曲がまるで違う駅のようになっている。

 

そのアイディアが全ての曲の元になっているんだ。

 

それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている。

つまり『エジプト・ステーション』は、ポールにとっての「音楽の理想郷」という意味なんですね。

 

3.プロデューサーのグレッグ・カースティンについて

今作のプロデュースはグレッグ・カースティン。

  • ベック
  • リアム・ギャラガー
  • アデル
  • フー・ファイターズ

などのプロデュースも担当しています。

 

このメンツを見ると、わりとメジャーな感じですよね。

 

でも「売れ線を狙ってるの?」と考えるのは間違い。

 

なぜか?と言うと、グレッグ・カースティン自身も、

  • ザ・バード・アンド・ザ・ビー
  • ゲギー・ター

というユニットで音楽活動をしていたんですね。

 

音楽的な特徴は、

  • 洗練されたポップネス
  • 実験的なサウンド

を両立したもので、コアな音楽ファンを中心に支持されていました。

 

つまり、ポールがグレッグにプロデュースを頼んだ理由は、彼が「ヒット請負人」だからではなく、純粋に良いサウンドを求めた結果と考えるのが妥当でしょう。

 

続いて、私が『エジプト・ステーション』を聴いた感想を書いてみますね!

 

スポンサーリンク

 

【感想】ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』について

今作のトータルの感想ですが「安心して聴けるバランスの取れた良盤」だと思いました。

 

5年前の前作『NEW』は、実験的なアレンジを含む作品だったんですね。

 

とくにアルバムの冒頭を飾る『Save Us』の弾けっぷりには驚きましたが…。

 

今作『エジプト・ステーション』は、それよりは少し落ち着いた印象で、誰が聴いても楽しめる作品だと思います。

 

細かな感想を挙げると

  • 曲のバラエティが豊か!
  • 懐かしくもあり、現代的でもあるサウンド!
  • 抑制の効いたポップさが心地よい!

それぞれについて、もうちょっと詳しく書いてみます。

 

曲のバラエティが豊か!

アルバム・コンセプト通り、個性の異なるカラフルな曲が、一枚のアルバムに詰まっています。

  • アップテンポなロックナンバー
  • メロディの美しいバラード
  • ギターの弾き語り
  • 日本語で「イチバン!」と歌う曲(?)

いろんな曲があっても、とっ散らかった印象はなく、むしろそれぞれの曲がお互いを活かし合っているという印象。

 

なにより、聴いていて飽きないのが良いですね!

 

収録曲を見ていくと、痛快なロックンロール『カム・オン・トゥ・ミー』

Paul McCartney - 'Come On To Me (Lyric Video)'

 

こちらもキャッチーなロックナンバー『ファー・ユー』

Paul McCartney - Fuh You (Lyric Video)

 

一転、静かで美しいメロディが際立つ『ドゥ・イット・ナウ』

Paul McCartney : Egypt Station -12. Do It Now

 

日本語の「イチバン」という歌詞が入る『バック・イン・ブラジル』

Paul McCartney - Back In Brazil

 

など本当にバラエティが豊か!

 

個人的なお気に入り曲は『ドミノズ』。ポールらしさが溢れてますよね!

Paul McCartney : Egypt Station - 10. Dominoes

 

懐かしくもあり、現代的でもあるサウンド!

サウンド面の特徴ですが、

  • 60~70年代風のロック・サウンドが基調
  • 細かなアレンジや音響面で現代的な要素を取り入れている

という印象を持ちました。

 

なので、

  • 若い音楽ファン
  • 昔からのビートルズ・ファン

どちらの心にも響くと思いますよ!

 

ベテランの底力を存分に見せつける充実したサウンドです。

 

抑制の効いたポップさが心地よい!

万人受けする明快なポップさ、というよりは、良い意味で抑制の効いたポップさを感じましたね。

 

バカみたいに明るい若者向けのパーティ・ソングではなく、大人のポップスというイメージです。

 

少し地味だけど、いかにもポールらしいブリティッシュな味わいの『アイ・ドント・ノウ』

Paul McCartney - I Don’t Know (Lyric Video)

 

私はこういう曲が本当に好きなんですよね。

 

曲調は様々ですが、全体的な統一感があるので、アルバム全体をサラッと部屋で流して聴くのもオススメ!

 

こういうアルバムは飽きづらいので「長く聴けそうだな」と思いました。

 

ですが、ビートルズ時代の

  • 『オール・マイ・ラヴィング』
  • 『イエスタディ』

のような「口ずさめるような明快でわかりやすいメロディ」を期待している方には、少し地味に感じられるかもしれないな、とも思いました。

 

あとがき:ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』の評価

個人的には、ポールの前作『NEW』がちょっと微妙だったんですよね。

 

だから、今作は「聴かなくても良いかな…」と思っていたんですが…。

 

結論としては、聴いて良かったです!

 

2005年のポールのアルバム『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』が好きだった方は、特に気に入ると思いますよ。

 

また、本作にはドナルド・トランプの政策を批判する曲『ディスパイト・リピーティッド・ウォーニングス』も含まれています。

→ ポール・マッカートニーがトランプを批判!その理由とは?

 

そうした点も含め、ご興味のある方は是非、聴いてみることをオススメします!

 

2018年10月にはジャパン・ツアー『フレッシュン・アップ』で来日することも決まっているポール・マッカートニー。

 

今回は、東京と名古屋で全4公演を行います。そちらも目が離せませんね!

 

◆追記:2018年11月2日

ポールがジャパン・ツアーのために来日しました!

ポール・マッカートニー ナンシー・シェベル 来日

出典:https://news.nifty.com/

妻のナンシー・シェベルさんと、おそろいのハッピを着て空港に登場!

 

「ナンシーさんってどんな人?」という方はこちらの記事をどうぞ!

→ ポール・マッカートニーの妻はどんな人? 天才を支えた3人の配偶者

 

10月31日、11月1日の東京ドーム公演のセットリストはこちら!

→ 【セトリ】ポール・マッカートニー2018東京ドーム(10/31、11/1)来日ツアー公演のセットリストを紹介!

 

関連記事(ポール・マッカートニー)

→ ポール・マッカートニーの子供は有名人なの? 娘と息子の現在について

→ ポール・マッカートニーの名曲ベスト20【ビートルズ~ソロ時代の代表曲】

→ ポール・マッカートニーのワールド・ツアー初日(2018年9月17日)のセットリストを紹介!

-ポール・マッカートニー
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.