洋楽アーティストの気になる情報を紹介!

大人のための洋楽ガイド

【レビュー】ペール・ウェーヴスのアルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』を紹介!

投稿日:2018年9月23日 更新日:

 

サマーソニック2018にも出演し、今、世界的に注目されているロックバンド、ペール・ウェーブス(Pale Waves)

 

そんな彼らの待望のデビュー・アルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ(My Mind Makes Noises)』が、2018年9月にリリースされました!

 

そこで今回は、ペール・ウェーブスのデビューアルバムを聴いた感想を書いていきたいと思います!

 

※「そもそもペール・ウェーブスってどんなバンド?」という方はこちらの記事からどうぞ!

→ UKロックの新鋭、ペール・ウェーブスを紹介!

 

◆追記(2019.3.2)

去年に続き、サマソニ2019への出演が決定しました!

→ 【サマソニ2019】出演アーティストまとめ!代表曲も紹介!【随時更新】

 

 

 

【レビュー】ペール・ウェーヴスのアルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』を聴いた感想

 

ペール・ウェーヴスのデビューアルバムを聴いた感想を、3つのポイントにまとめると

  1. ゴスなルックスとは裏腹?にメロディがポップ!
  2. サウンドのバラエティが豊かで、80年代ニューウェーブの影響が強い!
  3. 青春の味わい(儚さ・切なさ)を感じる

ひとつずつ見ていきましょう!

 

1. ゴスなルックスとは裏腹?にメロディがポップ!

まず感じたのは「どの曲もメロディがポップ!」ということ。

Pale Waves - Kiss

 

こちらは「Kiss」という曲ですが、サビの部分で一気に盛り上がります!

 

この曲に限らず、ペール・ウェーヴスの作品はどれもハッキリと盛り上がる箇所があるので聴きやすいのが特徴。

 

ただ、アルバムを通して聴くと「若干、メロディのテイストが似ているかな?」と思うところも…。

 

その辺りは、次で紹介するサウンドのバラエティの豊かさでしっかりカバーしています!

 

 

2. サウンドのバラエティが豊かで、80年代ニューウェーブの影響が強い!

ペール・ウェーブスの音楽には、80年代のニュー・ウェーブ・サウンドの影響が強く感じられます。

 

ですが決して古臭くならず、しっかり現代の音楽として処理されているのが特徴!

Pale Waves - Television Romance

 

代表曲「Television Romance」を聴いても分かる通り、本当に細部までこだわったサウンドです。

 

「red」という曲では、最新のダンス・ミュージックに急接近!

pale waves: red

 

バンドサウンドに固執しないことが、結果的にサウンドの幅を広げています。

 

こうしたアレンジの多彩さによって、アルバムが単調になることを防いでいるんですね。

 

他の曲もバラエティが豊かなので、最後まで通して聴いても飽きないアルバムだな、と思いました。

 

3. 青春の味わい(儚さ・切なさ)を感じる

Pale Waves - Eighteen

 

この曲のタイトルは「Eighteen」。この響きだけでもう青春を感じますね!

 

歌詞のおおまかな内容は、

18才の時、あなたに出会って

本当の気持ちを打ち明けた

生まれて初めて感情が芽生えたような気持ちになったの

これはもうっ…! 青春としか言えないですね。

 

ヘザーのヴォーカルも、どこか憂いを帯びていて、さらに切なさが増しています。

 

アルバム全体を通して、

  • ポップなんだけど「ただ明るい」のではなく
  • 切なさ・儚さも併せ持っている

というのが特徴で、これは10~20代の若いリスナーの心に刺さるだろうな、と思いました。

 

もちろん30代以降の大人が聴いても楽しめますよ!

 

さいごに ペール・ウェーブスのおすすめアルバムを紹介!

ペール・ウェーブスのデビュー・アルバムは、新人とは思えない完成度の高いアルバムに仕上がっています。

 

総じてどの曲もクオリティが高いですが、あえて1曲選ぶとすれば「Eighteen」ですね。

 

先程、動画を貼りましたが、もう一度!

Pale Waves - Eighteen

 

この曲がもし気に入ったら、アルバムも楽しめると思いますので、是非チェックしてみてくださいね!

 

関連記事(ペール・ウェーブス)

→ 【UKロック】おすすめ人気バンドまとめ!名盤・代表曲・特徴も紹介!

→ 【期待の新鋭】ペール・ウェーヴスを紹介!ボーカルのヘザー・バロン・グレイシーに注目!

→ The 1975のバンド名の読み方は? 名前の由来・意味も知りたい!

おすすめ記事
マルーン5 1

  「ディス・ラヴ」「サンデイ・モーニング」「シュガー」などのヒット曲で有名なマルーン5(Maroon 5)。   これまでに全世界で1億枚以上(!)のセールスを記録しているアメリ ...

オアシス メンバー 2

  「ワンダーウォール」「ホワットエヴァー」などの大ヒット曲で有名なイギリスのロックバンド、オアシス。   今回はそんなオアシスの代表曲・有名曲から10曲を厳選してご紹介したいと思 ...

グリーン・デイ メンバー 3

  「バスケット・ケース」「マイノリティ」などのヒット曲で有名な人気パンクバンド、グリーン・デイ(Green Day)。   「ポップパンク」「メロコア」の代表的なアーティストとし ...

-ペール・ウェーヴス
-,

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved.