洋楽アーティストの気になる情報を紹介!

大人のための洋楽ガイド

ビリー・ジョエルの代表曲ベスト10!おすすめの人気曲から隠れた名曲まで

投稿日:2018年8月25日 更新日:

 

「オネスティ」「素顔のままで」などの世界的なヒット曲で有名な人気シンガーソングライター、ビリー・ジョエル

 

ビリージョエル ニューヨーク52番街

 

「ビリー・ジョエルに興味はあるけど、何から聴けば良いんだろう?」

 

という方のために、ビリー・ジョエルの代表曲・人気曲ベスト10をご紹介します!

 

 

 

名曲ばかり!ビリー・ジョエルの代表曲・人気曲ベスト10

第1位 オネスティ(Honesty)

Billy Joel - Honesty (Official Video)

 

1978年のアルバム『ニューヨーク52番街』収録。

 

切ないメロディとエモーショナルな歌声が胸を打つ傑作バラードです!

 

歌詞はかなりシリアスで、

「誠実さ」とは、なんて虚しい言葉なんだ

誰もが誠実ではないのに

でもそれこそが君に求めてるものなんだ

というちょっと重めな内容になっています。

 

この曲は特に日本で人気が高く、有名なベスト盤『ビリー・ザ・ベスト』には日本国内盤にだけ追加で収録された、というエピソードがあります。

 

第2位 素顔のままで(Just The Way You Are)

Billy Joel - Just the Way You Are (Audio)

 

1977年のアルバム『ストレンジャー』収録。

 

ビリーが妻エリザベスに捧げたロマンチックなラヴソングです!

 

洗練されたサウンドと流麗なメロディが心に残る名曲ですが、制作当初はアルバムに収録されない(!)予定でした。

 

その理由は、妻への想いを書いた個人的なラブソングなので、ビリーが恥ずかしがり世に出すのを嫌ったから。

 

アルバム制作に参加していたフィービー・スノウが、この曲を聴き「絶対に収録した方が良い」と勧めたことで、どうにかリリースが決定したそうです。

 

音楽ファンは、フィービーに感謝しなくてはいけませんね。

フィービ・スノウ(1950年7月17日 - 2011年4月26日)は、アメリカの歌手・作曲家・ギタリスト。

代表作はチャート1位となった1975年のPoetry Man(ポエトリー・マン)。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/フィービ・スノウ

Poetry Man - Phoebe Snow

 

ブルーノ・マーズによる同名異曲も!

世界的な人気を誇るポップスター、ブルーノ・マーズのデビュー曲のタイトルは、なんと「Just The Way You Are」!

Bruno Mars - Just The Way You Are [Official Video]

 

ビリーの「素顔のままで」の原題(英語タイトル)とまったく同じですが、カバーしているのではありません。

 

例えるなら、日本の新人ミュージシャンが「いとしのエリー」というオリジナル曲でデビューする感じでしょうか?

 

なかなか大胆なことをしますよね。でも曲自体は文句なしにカッコいいので、ぜひ聴いてみてください!

→ ブルーノ・マーズのおすすめ人気曲ランキング!ヒット曲・代表曲・アルバムを一挙紹介!

 

第3位 ストレンジャー(Stranger)

The Stranger Billy Joel

 

1977年のアルバム『ストレンジャー』収録。

 

日本ではテレビのCMで使われていたので、少し聴けば「あぁ~これね」となると思いますよ。

 

歌詞の内容はかなり難解で、

誰もが皆、一生誰にも見せない顔を持っている

という風に始まり「自分の中にも自分では気づいていない一面がある」という哲学的なテーマを歌っています。

 

 

第4位 ピアノ・マン(Piano Man)

Billy Joel - Piano Man (Audio)

 

1973年のアルバム『ピアノ・マン』収録。

 

ボブ・ディランを思わせるハーモニカが印象的な名曲です!

 

バーでピアノを弾くミュージシャンが、馴染みの客たちから「一曲、歌ってくれよ」と頼まれるストーリー仕立ての歌詞になっています。

 

第5位 アップタウン・ガール(Uptown Girl)

Billy Joel - Uptown Girl (Official Video)

 

1983年のアルバム『イノセント・マン』収録。

 

ハツラツとした明るさを感じるポップな名曲で、聴いていると心がウキウキしてきます!

 

歌詞では、田舎者の主人公が、セレブな女の子に恋をし、何とかアタックしようとする様子が歌われています。

 

ビリーは子供の頃に好きだったフォー・シーズンズを意識してこの曲を作った、というエピソードもあるんですよ。

The Four Seasons - Sherry (Official Audio)

 

ちなみにフォー・シーズンズを題材にした映画『ジャージー・ボーイズ』(2014年)も素晴らしい内容なので、ぜひチェックしてみてください!

 

第6位 ムーヴィン・アウト(Movin' Out)

Billy Joel - Movin' Out (Anthony's Song) [Audio]

 

1977年のアルバム『ストレンジャー』収録。

 

歌詞は、仕事や人生に対する考え方について触れた内容で、

体を壊してまで働いて、お金持ちになったって意味がない

それが成功だって言うなら、俺は降りるよ

なんだか今の時代にピッタリですよね。

 

 

第7位 マイ・ライフ(My Life)

Billy Joel - My Life (Official Video)

 

1978年のアルバム『ニューヨーク52番街』収録。

 

歌詞では「俺には俺の人生がある。放っといてくれよ」と歌われています。

 

お節介な友だちや、説教好きな大人への苦言であり、同時にビリーの所信表明にも受け取れる内容です。

 

第8位 エヴリバディ・ラヴズ・ユー・ナウ(Everybody Loves You Now)

Billy Joel - Everybody Loves You Now (Audio)

 

1971年のデビュー・アルバム『コールド・スプリング・ハーバー~ピアノの詩人~』収録。

 

このアルバムは、他のアルバムと比べあまり注目されない、どころか失敗作と扱われることもあるんですよね。

 

確かに『ストレンジャー』みたいなノリを期待すると、そう感じるかも知れませんが…。

 

サウンドは少し地味ですが、良いメロディを持った佳曲がズラリと並ぶ名盤なんですよ。

 

第9位 シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン(She's Always a Woman)

Billy Joel - She's Always a Woman (Audio)

 

1977年のアルバム『ストレンジャー』収録。

 

ピアノとヴォーカルをメインに据えたアレンジが印象的な傑作バラードです!

 

派手なサウンドじゃないからこそ、歌声やメロディの良さが際立っていますよね。

 

第10位 ザンジバル(Zanzibar)

Billy Joel - Zanzibar (Audio)

 

1978年のアルバム『ニューヨーク52番街』収録。

 

ジャズとロックの良いとこ取り、という印象のある作品です。

 

あまり有名ではないですが、個人的に好きでよく聴いていたので最後に選ばせてもらいました。

 

この曲を聴いていた頃、初期のスティーリー・ダンもよく聴いていまして。

Show Biz Kids

 

スティーリー・ダンというと「ジャジーで洗練されたAOR」というイメージですが、初期はこんな風にロックなテイストもあったんですよね。

 

ビリーの「ザンジバル」も、初期スティーリーダンも、ジャジーでありながら程よく荒さが残っていて良いな、と思います。

 

シングル曲だけ追っていると見えてこない、ビリーの懐の深さが感じられる一曲です!

 

さいごに ビリー・ジョエルの名曲・代表曲を紹介!

今回、あらためて聴き直して思ったことは「ビリージョエルの作品は歌詞が面白い」ということ!

 

ストーリー仕立てだったり、皮肉が効いていたり、哲学風(← ストレンジャーのこと)だったり。

 

ビリー・ジョエルの世界を存分に味わうためにも、ぜひ歌詞カードを見ながら聴くことをオススメします!

 

 

こちらもおすすめ!

「ユア・ソング」で有名なエルトン・ジョンの人気曲はこちら!

エルトン・ジョン
エルトン・ジョンのおすすめ名曲ランキング!名盤アルバム・代表曲も紹介!

  「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」「キャンドル・イン・ザ・ウインド」などのヒット曲で有名な人気ミュージシャン、エルトン・ジョン(Elton John)。     20 ...

続きを見る

 

こちらもおすすめ!

「ダンシング・クイーン」で有名なアバ(ABBA)の人気曲はこちら!

アバ(ABBA)のおすすめ名曲ランキング!人気アルバム・代表曲も紹介!

  「ダンシング・クイーン」「チキチータ」などのヒット曲で有名な、スウェーデン出身の男女4人組 アバ(ABBA)。 日本でも、ドラマ主題歌やテレビCMに使われていたこともあり、幅広い世代のフ ...

続きを見る

 

こちらもおすすめ!

ビリーと同じ「ピアノマン」の呼び名を持つダニエル・パウターの人気曲はこちら!

ダニエル・パウター
ダニエル・パウターの人気曲ランキングTOP10!新曲・おすすめアルバムも紹介!

  名曲「バッド・デイ(Bad Day)」の世界的なヒットで有名なダニエル・パウター(Daniel Powter)。 2019年6月には待望の来日公演が決定し、音楽ファンの注目が集まっていま ...

続きを見る

 

関連記事(ビリー・ジョエル)

→ 【洋楽】ピアノロックのおすすめアーティスト10選!激しい曲から切ないバラードまで

→ ビリー・ジョエルってどんな人? 年齢・身長・妻・CM曲・現在の活動について

→ ビリー・ジョエルの娘はどんな人? 父の名曲『素顔のままで』をカバー!

→ ビリー・ジョエルの名盤5選!おすすめアルバムまとめ!

→ ドゥービー・ブラザーズの名曲ベスト10!おすすめ名盤アルバムも紹介!

おすすめコンテンツ

-ビリー・ジョエル
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved.