洋楽アーティストの気になる情報を紹介!

大人のための洋楽ガイド

【洋楽】昔のヒット曲まとめ!有名アーティストの懐かしい名曲を紹介!

投稿日:2018年11月27日 更新日:

 

昔の洋楽のヒット曲って今聴いても「良い曲だな~♪」と思いますよね!

 

ビートルズやカーペンターズのヒット曲は、リリースから40年以上経った今でも、老若男女を問わず愛されています。

 

そこで今回は、昔の洋楽の定番ヒット曲を、

  • 1960年代
  • 1970年代
  • 1980年代

この3つの年代に分けてご紹介したいと思います!

 

※ 下のリンクをクリックすると、お好きなところからお読み頂けます。

60年代・懐かしの洋楽ヒット曲を紹介!

70年代・懐かしの洋楽ヒット曲を紹介!

80年代・懐かしの洋楽ヒット曲を紹介!

 

 

目次(コンテンツ)

 

【昔の洋楽ヒット曲】60年代の懐かしの名曲を紹介!

ビートルズ/ヘルプ!

The Beatles - Help!

 

1965年リリース。英米で100万枚以上のセールスを記録したビートルズの大ヒット曲です!

 

この曲は、ポップなサウンドとは裏腹に「僕には誰かの助けが必要なんだ!」という切実な想いが歌われています。

 

当時、多忙を極めていたジョン・レノンの「心の叫び」なのでは? という説もあるんですよ。

→ ビートルズのおすすめ人気曲ベスト20!隠れた名曲も紹介!

→ ビートルズの息子たちの現在は? 音楽の道を選んだ子供の活動を紹介!

 

ジャクソン5/アイ・ウォント・ユー・バック

I Want You Back - The Jackson 5

 

1969年リリース。グラミーの殿堂入りも果たしたジャクソン5の大ヒット曲です!

 

イントロのギターが鳴った瞬間、胸が高鳴りますよね♪

 

ちなみにこの曲は、人気アイドルグループ「TWICE」もカバーしています。

TWICE「I WANT YOU BACK」Music Video

 

TWICEヴァージョンも良い感じですね!

 

ローリング・ストーンズ/ジャンピン・ジャック・フラッシュ

ジャンピン・ジャック・フラッシュ  ローリング・ストーンズ

 

1968年リリース。今でもツアーでは欠かさず演奏されているローリング・ストーンズの代表曲です!

 

しかし、このギターリフはいつ聴いても燃えますよね!

 

そして「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」というワードセンスの素晴らしさ!

 

「このフレーズ以外にない!」と言いたくなるほど、曲にハマってますよね♪

→ ローリング・ストーンズの名曲ランキングTOP10!

 

サイモン&ガーファンクル/ミセス・ロビンソン

Simon & Garfunkel - Mrs. Robinson (Audio)

 

1968年リリース。グラミー賞の最優秀レコード賞を受賞したサイモン&ガーファンクルの名曲です。

 

この曲は、ダスティン・ホフマン主演の映画『卒業』で使われたことでも有名!

 

聴いていると思わず駆け出したくなる、そんな青春の味わいを感じる傑作です!

 

ボブ・ディラン/風に吹かれて

Bob Dylan - Blowin' in the Wind (Audio)

 

1963年リリース。2016年にノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの代表曲です!

 

ディランの作品には、政治的なメッセージが込められたものや、詩的な表現を含んだものも多く、音楽以外の分野にも大きな影響を与えています!

 

 

モンキーズ/デイ・ドリーム・ビリーバー

Daydream Believer

 

1967年リリース。4週連続で全米1位を記録したモンキーズの名曲です!

 

ほのぼのとしたポップな曲調で、聴いていると穏やかな気持ちになりますよ。

 

ちなみにこの曲は、忌野清志郎さんが日本語でカヴァーしていることでも有名。

 

最近では、セブンイレブンの店内BGMとしてよくかかっているので、聴いたことのある方は多いと思いますよ♪

セブンイレブン店内BGM ~Day dream believer~

 

ビーチボーイズ/サーフィン・U.S.A.

The Beach Boys - Surfin' USA

 

1963年リリース。ビーチ・ボーイズにとって最初のヒットとなった記念すべき1曲です!

 

ちなみに作曲を担当したメンバーのブライアン・ウィルソンは、内向的な性格でサーフィンにはあまり興味がなかったそう。

 

ビーチボーイズはこの数年後に『ペット・サウンズ』というロック史に残る大名盤をリリースすることになります!

 

ベン・E・キング/スタンド・バイ・ミー

Ben E. King - Stand By Me (Official Vinyl Video)

 

1961年リリース。あのジョン・レノンもカヴァーしたベン・E・キングの名曲です!

 

1986年の映画『スタンド・バイ・ミー』の主題歌としても有名ですね♪

 

私はこの曲を聴くといつも、在りし日のリヴァー・フェニックスの姿を思い出してしまいます。

 

ビージーズ/若葉のころ

First Of May

 

1969年リリース。イギリス出身のギブ3兄弟による音楽ユニット、ビージーズの代表曲です。

 

心温まる優しい雰囲気を持った名曲で、映画『小さな恋のメロディ』の劇中で使われたことでも有名です!

 

ちなみに、この映画の主題歌にもビージーズの名曲「メロディ・フェア」が使われています。

Melody Fair

 

アレサ・フランクリン/小さな願い

Aretha Franklin - I say a little prayer

 

1968年リリース。「ソウルの女王」アレサ・フランクリンの代表曲です!

 

アレサと言えば「パワフルな歌声」という印象が強いかもしれませんが、この曲は繊細でメロディアスなのが特徴!

 

「普段、あまりR&Bは聴かない」という方でも聴きやすいと思うので、ぜひチェックしてみてください♪

→ アレサ・フランクリンの代表曲5選+名盤アルバムまとめ!

→ アレサ・フランクリンの波乱の人生|12歳で子供を出産、夫の暴力に耐えたソウルの女王

 

 

シュープリームス/恋はあせらず

恋はあせらず  シュープリームス

 

1966年リリース。ビルボードチャートで2週連続1位に輝いたシュープリームスの名曲です!

 

シュープリームスの中心メンバーは、今ではブラックミュージック界の大御所となっているダイアナ・ロス。

 

弾けるようなポップな曲調と、初々しさの残るダイアナの歌声が見事にマッチしています♪

 

ザ・バーズ/ミスター・タンブリン・マン

The Byrds - Mr. Tambourine Man (Audio)

 

1965年リリース。フォークロックの先駆けとして有名なザ・バーズの大ヒット曲です!

 

ボブ・ディランの楽曲のカバーですが、キラキラとした12弦ギターと華麗なコーラスワークで全く新しい曲に蘇らせています!

 

レッド・ツェッペリン/胸いっぱいの愛を

Led Zeppelin - Whole Lotta Love (Official Music Video)

 

1969年リリース。世界中でカリスマ的な人気を誇るイギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンの代表曲です。

 

ハードロックの原型と呼び声も高い名盤『レッド・ツェッペリンⅡ』の冒頭を飾る傑作ナンバーです!

 

ジミ・ヘンドリックス/パープル・ヘイズ

The Jimi Hendrix Experience - Purple Haze (Live at the Atlanta Pop Festival)

 

1967年リリース。独創的なギタープレイで、ロック界に絶大なインパクトをもたらした天才ジミ・ヘンドリックスの代表曲です!

 

日本ではジミヘンの愛称でおなじみですよね。

 

上の動画は名曲「パープル・ヘイズ」のライヴ演奏ですが、本当にしびれるほどカッコいいので是非チェックしてみてください!

 

ドアーズ/ハートに火をつけて

Light My Fire (2017 Remaster)

 

1967年リリース。孤高のシンガー、ジム・モリソン率いるドアーズの代表曲です!

 

オルガンをメインに使う独特なサウンドと、文学的な歌詞が話題になり大ヒットしました!

 

 

ザ・フー/マイ・ジェネレイション

マイ・ジェネレイション / ザ・フー

 

1965年リリース。モッズのカリスマとして今も高い支持を受けるザ・フーの代表曲です!

 

ブルースやR&Bのエッセンスを取り入れた楽曲を、パワフルかつスタイリッシュに演奏するスタイルは、後進ミュージシャンにも強い影響を与えました!

 

キンクス/ユー・リアリー・ガット・ミー

The Kinks - You Really Got Me (Official Audio)

 

1964年リリース。英国文化に根ざした歌詞や、独特のひねくれたユーモアが魅力のロックバンド、キンクスの代表曲です。

 

この曲は「ハードロックの元祖」と言われることもある程、激しいギターサウンドが話題になり大ヒットしています!

 

キンクスはこうしたハードなサウンドだけでなく、

The Kinks - The Village Green Preservation Society (Official Audio)

 

このような、いかにもイギリスを感じさせる曲も魅力です!

 

ショッキング・ブルー/ヴィーナス

Shocking Blue - Venus (Official Video)

 

1969年リリース。オランダのロックバンド、ショッキング・ブルーの代表曲です!

 

お笑い番組「笑う犬の生活」のテーマ曲としてもお馴染みですよね♪

笑う犬の生活 オープニング

 

シンプルな曲ですが、独特の不思議な魅力があって耳から離れなくなります!

 

フランス・ギャル/夢見るシャンソン人形

夢見るシャンソン人形 Poupée de cire, poupée de son

 

1965年リリース。ヨーロッパだけでなく中南米や日本でもヒットしたフランス・ギャルの名曲です!

 

作詞・作曲はセルジュ・ゲンスブール。日本語でも歌われていますが、邦題の「夢見るシャンソン人形」という言葉のセンスが素晴らしいですよね♪

メロディとピッタリ合っています!

 

ヤング・ラスカルズ/グッド・ラヴィン

Good Lovin'

 

1966年リリース。R&Bのエッセンスを独自に解釈したサウンドで高い人気を誇ったヤング・ラスカルズの代表曲です!

 

日本でもテレビCMに使われていたので、聴いたことがある方は多いと思いますよ♪

 

セルジオ・メンデス/マシュ・ケ・ナダ

Sergio Mendes & Brasil '66 - Mas que nada - English subtitles

 

1966年リリース。ブラジルが誇るポップス職人、セルジオ・メンデスの大ヒット曲です!

 

セルジオ・メンデスは、ボサノバ、サンバ、ジャズなど様々なジャンルの音楽を、洗練されたサウンドで聴かせる実力派ミュージシャン。

 

ちなみにこの曲は、2006年にアレンジを大幅に変えて再リリースされているんです。

Mas Que Nada

 

ラップも入って、かなり現代的なサウンドになっていますよね♪

 

ということで、ここまでが【60年代】洋楽の定番ヒット曲でした!

 

どの曲も発売から50年近く経っているのに、まったく古びていないことに驚きますよね!

 

続いて、70年代の洋楽の定番ヒット曲をご紹介したいと思います!

 

感動的なバラードから、ちょっと大人の雰囲気の曲まで、幅広くピックアップしたので是非チェックしてみてくださいね♪

 

 

【昔の洋楽ヒット曲】70年代の定番の名曲を紹介!

アバ/ダンシング・クイーン

ABBA Dancing Queen

 

1976年リリース。スウェーデン出身の4人組、アバ(ABBA)の代表曲です!

 

この曲の歌詞は、自分に自信を持てない女の子に「あなたもダンシング・クイーンになれるわ」と勇気づける内容。

 

前向きな歌詞と、明るくポップなメロディに元気をもらえる名曲です!

→ アバ(ABBA)の名曲・代表曲ベスト10!おすすめアルバムも紹介!

 

シカゴ/サタデー・イン・ザ・パーク

Saturday in the Park- Chicago

 

1972年リリース。ブラスを全面的に取り入れたサウンドが特徴のロックバンド、シカゴの代表曲です!

 

オシャレな雰囲気ですが、しっかりと骨太なロックテイストもあってカッコいいですよね。

 

シカゴは「80年代の洋楽ヒット曲まとめ」でもう1度登場しますので、そちらも是非チェックしてください!

 

ギルバート・オサリバン/アローン・アゲイン(ナチュラリー)

Gilbert O'Sullivan - Alone again, naturally (video/audio edited & remastered) HQ

 

1972年リリース。アイルランドのシンガーソングライター、ギルバート・オサリバンの代表曲です!

 

日本でもCMなどでよく使われているので有名ですよね♪

 

ギルバート・オサリバンは、ポール・マッカートニー直系の素晴らしいメロディメイカー!

 

名曲「クレア」もオススメです!

Gilbert O'Sullivan : Clair

 

ドゥービー・ブラザーズ/ロング・トレイン・ランニン

Long Train Runnin'

 

1973年リリース。ドゥービー・ブラザーズ初期の代表曲です!

 

この曲は、なんと言っても、イントロのファンキーなギターカッティングですよね!

 

これを聴いただけで、一気にテンションが上ります!

 

ちなみにドゥービー・ブラザーズはこの数年後、音楽性を大幅に変えているんです。

What a Fool Believes (2006 Remaster)

 

ジャジーで洗練されたグルーヴが新鮮ですよね♪

 

ドゥービー・ブラザーズについては、こちらの記事に詳しくまとめてあります!

→ ドゥービー・ブラザーズの名曲ベスト10!おすすめ名盤アルバムも紹介!

 

デレク・アンド・ザ・ドミノス/いとしのレイラ

Derek And The Dominos - Layla

 

1971年リリース。デレク・アンド・ザ・ドミノスは、エリック・クラプトンが在籍していたアメリカのロックバンド。

 

この『いとしのレイラ』という曲は、クラプトンが親友ジョージ・ハリスンの妻パティに恋をしてしまったときの心境を歌っていることでも有名です!

→ エリック・クラプトンの名曲ランキングTOP10!バラードからロックまで代表曲を一挙紹介!

 

◆追記:2019年4月1日

新元号「令和」が発表されましたが、なぜかクラプトンも話題になっているようです。

エリック・クラプトン いとしのレイラ layla
【みんなの感想】新元号「令和」でエリック・クラプトン『レイラ』を思い出す人が続出?

  2019年4月1日、「平成」に代わる新しい元号として「令和」が発表されました!   ネット上では、新元号の「令和(れいわ)」という響きを聞いて…   エリック・クラプ ...

続きを見る

 

エレクトリック・ライト・オーケストラ/ミスター・ブルー・スカイ

Electric Light Orchestra - Mr. Blue Sky

 

1978年リリース。ジェフ・リン率いるイギリスのロックバンド、エレクトリック・ライト・オーケストラ (通称:ELO)の代表曲です。

 

ELOは、ビートルズのような美しいメロディのポップスを作る名バンドで、70~80年代半ばにかけて数々のヒット曲を生んでいます!

 

このような曲調が好きな方は、こちらの記事をぜひチェックしてみてください♪

→ ビートルズの影響を強く受けた洋楽アーティストまとめ!

 

 

キャロル・キング/空が落ちてくる

Carole King - I Feel the Earth Move (Official Audio)

 

1971年リリース。シンガー・ソングライターブームの立役者、キャロル・キングの代表曲です!

 

全世界で2千万枚を超えるセールスを記録した名盤『つづれおり』の冒頭を飾る、軽快なピアノロックナンバーです!

→ キャロル・キングの代表曲5選と隠れた名曲を紹介!

→ 【洋楽】ピアノロックのおすすめアーティスト10選!

 

ボズ・スキャッグス/ウィ・アー・オール・アローン

Boz Scaggs - We're All Alone

 

1976年リリース。AORの代表的アーティストとして有名なボズ・スキャッグスの名バラードです!

 

AORと言うのは、ジャジーで洗練されたサウンドが魅力の音楽ジャンルで「アダルト・オリエンテッド・ロック」の略称。

→ 【洋楽AOR】おすすめ人気アーティストと必聴の名曲・名盤アルバムを一挙紹介!

 

この曲を収録した『シルク・ディグリーズ』というアルバムも良曲ぞろいの名盤なので、ぜひチェックしてみてください♪

→ ボズ・スキャッグスの代表曲ベスト10!おすすめの有名ヒット曲を紹介!

→ ボズ・スキャッグス来日公演2019(5/7 東京・Bunkamura)のセットリストを紹介!

 

エアロスミス/ウォーク・ディス・ウェイ

Aerosmith - Walk This Way (Audio)

 

1975年リリース。これまでに全世界で1億枚を超えるセールスを記録しているアメリカの国民的バンド、エアロスミスの代表曲です。

 

ファンキーでノリの良い曲調が魅力で、テレビ番組「踊るさんま御殿!!」のエンディングテーマとして使われていることでも有名です!

 

キッス/デトロイト・ロック・シティ

Kiss - Detroit Rock City

 

1976年リリース。日本の歌舞伎を思わせるメイクで有名なハードロックバンド、キッスの代表曲です。

 

イントロのギターを聴けば、ほとんどの方は「あ~これか!」となるはず!

 

今でもコンサートのオープニングで必ず演奏される鉄板ナンバーです!

→ KISS(キッス)の名曲ランキングTOP10!おすすめアルバムも紹介!

 

ディープ・パープル/スモーク・オン・ザ・ウォーター

Deep Purple - Smoke on the Water

 

1972年リリース。イギリスを代表するハードロックバンド、ディープ・パープルの代表曲です。

 

イントロの強烈なギターのフレーズを聴いたことのない人はいないはず!

 

この曲以外にも「ハイウェイ・スター」など数々の名曲を残しています。

Deep Purple - Highway Star

 

 

イーグルス/ホテル・カリフォルニア

Hotel California (2013 Remaster)

 

1977年リリース。アメリカ西海岸を代表するロックバンド、イーグルスの代表曲です。

 

メッセージ性の強い歌詞と、完璧に構築されたサウンドが話題となり、世界的な大ヒットになりました!

 

クイーン/伝説のチャンピオン

Queen - We Are The Champions (Official Video)

 

1977年リリース。イギリスのロックバンド、クイーンの代表曲です!

 

クイーンは名曲が本当に多いですが「親しみやすさ」という点ではこの曲がナンバー・ワン♪

 

サビのところなんて、フレディ・マーキュリーと一緒に歌いたくなりますよね!

 

ちなみにクイーンを題材にした映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)も最高!! の出来だったので、ぜひチェックしてみてください!

→ クイーンのおすすめアルバムTOP3!最高傑作はこの名盤だ!

→ クイーンのおすすめ人気曲ランキングTOP10!隠れた名曲も紹介!

 

デヴィッド・ボウイ/ジギー・スターダスト

Ziggy Stardust (2012 Remaster)

 

1972年リリース。グラムロックのカリスマ、デヴィッド・ボウイの代表曲です。

 

ロック史に残る名盤『ジギー・スターダスト』の表題曲として、今でも音楽ファンから高い人気を誇る名曲です!

 

T・レックス/20センチュリー・ボーイ

T.Rex "20th century Boy" Live Studio

 

1971年リリース。早逝の天才マーク・ボラン率いるイギリスのグラムロックバンド、T・レックスの代表曲です!

 

シンプルだけど耳から離れない魅惑のブギーロックが楽しめる名作です!

 

ビリー・ジョエル/オネスティ

Billy Joel - Honesty (Official Video)

 

1978年リリース。アメリカの大人気シンガーソングライター、ビリー・ジョエルによる永遠の名バラードです!

 

「誠実さ」とはなんて虚しい言葉なんだと歌うビリーの切実なヴォーカルに心を動かされます…。

 

切ないメロディも秀逸で「素顔のままで」と並び、ビリーのバラードの最高傑作のひとつです♪

→ ビリー・ジョエルの代表曲ベスト10!隠れた名曲も紹介!

 

ポール・マッカートニー&ウイングス/マイ・ラヴ

My Love (2018 Remaster)

 

1973年リリース。ポール・マッカートニーがビートルズ解散後に結成したウィングスの代表曲です。

 

ポールの全楽曲の中でも1、2を争うほどの甘くロマンティックなメロディが光る傑作バラードに仕上がっています!

→ ポール・マッカートニーのソロ時代の名曲まとめ!

 

ジョン・レノン/イマジン

Imagine - John Lennon and The Plastic Ono Band (with the Flux Fiddlers)

 

1971年リリース。ジョン・レノンのソロ時代の代表曲です!

 

人類愛や平和について歌ったメッセージ性の強い曲で、今でも多くの人に影響を与えています。

 

「想像してごらん」と優しく語りかけるようなジョンのヴォーカルが印象的です。

→ ジョン・レノンの息子はどんな人?ジュリアンとショーンの現在

 

エルトン・ジョン/僕の歌は君の歌

Your Song (Remastered)

 

1970年リリース。イギリスを代表するミュージシャン、エルトン・ジョンの代表曲です!

 

原題は「Your Song」。切ないメロディと儚げなヴォーカルが胸を打ちます。

 

ちなみにエルトンはこの名曲をわずか10分(!)で作曲した、というエピソードがあります。すごい才能ですよね♪

→ エルトン・ジョンのおすすめ名曲ランキング10選!名盤アルバムも紹介!

 

カーペンターズ/イエスタデイ・ワンス・モア

Carpenters Yesterday Once More

 

1973年リリース。日本でも大ヒットしたカーペンターズの代表曲です!

 

音楽の教科書にも載っているので、学生時代に歌ったり、聴いたりした方も多いかと思います♪

 

ちなみに、この曲の歌詞は「昔、ラジオで聴いていた曲はみんな素晴らしかったわ」と50年代のオールディーズを懐かしむ内容。

 

私たちにとってはカーペンターズの名曲こそが「昔、聴いていた良い曲」ですよね♪

→ カーペンターズの名曲ベスト10!おすすめの人気アルバムも紹介!

 

ということで、ここまでが70年代の洋楽の定番ヒット曲でした!

 

リリースから40年近く経った今でも、まったく色あせていないし、むしろ新鮮に聴こえますよね♪

 

続いて、80年代の洋楽の定番ヒット曲をご紹介したいと思います!

 

テクノサウンドを取り入れた「いかにも80年代」なものから、MTVでヒットした曲まで、幅広くピックアップしたので是非チェックしてみてくださいね♪

 

 

【昔の洋楽ヒット曲】80年代の懐かしの名曲を紹介!

マイケル・ジャクソン/今夜はビート・イット

Michael Jackson - Beat It (Official Video)

 

1983年リリース。歴史的なヒットを記録した名盤『スリラー』に収録されたマイケル・ジャクソンの代表曲です。

 

この曲の演奏には、人気ロックギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンが参加!

 

白人音楽と黒人音楽の垣根を取り払った画期的な作品でもあります。

 

マドンナ/ライク・ア・ヴァージン

Madonna - Like A Virgin (Official Music Video)

 

1984年リリース。セクシーさを強調したビジュアルで大ブームになったマドンナの代表曲です。

 

ダンサブルなシンセサウンドと、彼女のキュートな歌声の魅力が見事にマッチし、世界的な大ヒットになりました!

 

ワム/ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ

Wham! - Wake Me Up Before You Go-Go (Official Video)

 

1984年リリース。イギリスの男性二人組ユニット、ワムの大ヒット曲です。

 

彼らはアイドル的な扱いをされることも多かったので、コアな音楽ファンには軽視されがちなんですよね。

 

ですが実際は、ブラックミュージックを下敷きにした良質なポップスを作る、とっても音楽的なユニットなんですよ。

 

ビリー・ジョエル/アップタウン・ガール

Billy Joel - Uptown Girl (Official Video)

 

1983年リリース。ビリー・ジョエルは「70年代のヒット曲紹介」に続き2回目の登場です。

 

この曲はちょっと懐かしいドゥーワップ風のコーラスが印象的な傑作!

 

聴いていると心がウキウキするようなポップで明るい作品です!

 

TOTO/アフリカ

Toto - Africa (Official Music Video)

 

1983年リリース。アメリカが誇るスーパーバンド、TOTOの代表曲です。

 

TOTOは現在も活動中で、2019年2月には来日公演を開催!

→ TOTO来日コンサート2019のセットリストを紹介!

 

「アフリカ」以外にも名曲が沢山ありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

→ TOTOの人気曲ランキングTOP10!

 

 

ダリル・ホール&ジョン・オーツ/プライベート・アイズ

Daryl Hall & John Oates - Private Eyes (Official Music Video)

 

1981年リリース。ホール&オーツの全盛期の大ヒット曲です。

 

彼らのルーツであるソウル・ミュージックを鮮やかに現代的に仕立て直しています!

 

デュラン・デュラン/ザ・リフレックス

Duran Duran - The Reflex (Official Music Video)

 

1984年リリース。「ニューロマンティック」ムーブメントの代表格バンド、デュラン・デュランの代表曲です。

 

ファンキーなグルーヴとポップなメロディの相性も抜群で世界的な大ヒットになりました!

 

シンディ・ローパー/ハイ・スクールはダンステリア

Cyndi Lauper - Girls Just Want To Have Fun (Official Video)

 

1983年リリース。マドンナの対抗馬として人気を二分していた個性派シンガー、シンディ・ローパーの代表曲です。

 

超高音ヴォイスで熱唱しながら踊りまくるインパクト抜群のMVも必見です!

→ シンディ・ローパーの人気曲ランキング!おすすめアルバムも紹介!

 

ジャーニー/オープン・アームズ

Journey - Open Arms (1981) (Remastered) HQ

 

1981年リリース。アメリカのロックバンド、ジャーニーによる感動的な名バラードです。

 

これは、いつ聴いても胸にグッとくるものがありますね。

 

ちなみにこの曲は、マライア・キャリーがカバーしていることでも有名!

Mariah Carey- Open Arms

 

このヴォーカルの表現力…! ジャーニーとはまた違った良さがありますね。

 

ホイットニー・ヒューストン/すべてをあなたに

Whitney Houston - Saving All My Love For You (Official Music Video)

 

1985年リリース。アメリカを代表するR&Bシンガー、ホイットニー・ヒューストンの大ヒット曲です。

 

この曲が全米シングルチャート1位を記録したことで、彼女は瞬く間にスターダムに駆け上っています!

→ ホイットニー・ヒューストンの名曲ベスト10!おすすめアルバムも紹介!

 

 

ジャネット・ジャクソン/あなたを想うとき

Janet Jackson - When I Think Of You (Official Music Video)

 

1986年リリース。「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソンの妹しても有名なジャネット・ジャクソンの代表曲です。

 

ミュージカル風のMVも話題となり、全米シングルチャート2週連続1位を記録する大ヒットになりました!

→ ジャネット・ジャクソンの代表曲ベスト10!おすすめアルバムも紹介!

 

カルチャー・クラブ/カーマは気まぐれ

Culture Club - Karma Chameleon (Official Video)

 

1983年リリース。イギリスのバンド、カルチャー・クラブの大ヒット曲です。

 

彼らは、ボーカルのボーイ・ジョージのキャラが強すぎることもあり、音楽面にあまり注目が集まらないんですよね。

 

ですが実際は、ソウルやレゲエのエッセンスを取り入れた良質なポップスを作る「本格派」のミュージシャンなんですよ。

 

a-ha/テイク・オン・ミー

a-ha - Take On Me (Official Music Video)

 

1985年リリース。ノルウェー出身の3人組ポップバンド、a-ha(アーハ)の大ヒット曲です。

 

「ロトスコープ」というアニメーション技法を駆使したミュージック・ビデオが素晴らしい仕上がりなので是非チェックしてください!

 

ブライアン・アダムス/ヘヴン

Bryan Adams - Heaven (Official Music Video)

 

1984年リリース。カナダ出身のシンガーソングライター、ブライアン・アダムスの代表曲です。

 

切ないメロディをエモーショナルに歌い上げる、感動的なバラード作品に仕上がっています!

 

プリンス/ビートに抱かれて

Prince - When Doves Cry (Official Music Video)

 

1984年リリース。アメリカ・ミネアポリス出身の天才ミュージシャン、プリンスの大ヒット曲です。

 

自身が主演した映画『パープル・レイン』のサントラに収録された作品で、ベースレスの独特なサウンドも話題になりました!

 

 

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース/パワー・オブ・ラヴ

Back to the Future - The Power of Love (Huey Lewis and the News)

 

1985年リリース。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主題歌として大ヒットしました。

 

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースは、ブラックミュージックのエッセンスを取り入れた楽曲をタフ&グルーヴィな演奏で聴かせる名バンド!

 

日本では代表曲「パワー・オブ・ラヴ」が特に有名ですが、他にもこんなファンキーな曲もあるんですよ。

Huey Lewis and The News - Hip To Be Square

 

キーボードのプレイが最高! ドライブのときに聴きたい爽快な作品です!

 

ヴァン・ヘイレン/ジャンプ

Jump (2015 Remaster)

 

1984年リリース。ライトハンド奏法で一世を風靡した人気ギタリスト、エドワード・ヴァン・ヘイレン率いるアメリカのハードロックバンドの代表曲です!

 

シンセサイザーを大胆に取り入れたポップなサウンドが受け、ビルボード5週連続ナンバーワンを記録する大ヒットになりました!

 

U2/ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー

U2 - With Or Without You

 

1987年リリース。カリスマ的な支持を誇るヴォーカリスト、ボノを中心とした人気バンド U2 の代表曲です!

 

この曲を収録した名盤『ヨシュア・トゥリー』は、全世界で1,500万枚を超えるセールスを記録しています。

→ U2のおすすめ名曲ランキングTOP10!名盤アルバムも紹介!

 

メン・アット・ワーク/ノックは夜中に

Men At Work - Who Can It Be Now? (Official Video)

 

1981年リリース。オーストラリアのロックバンド、メン・アット・ワークの代表曲です。

 

サックスのフレーズが最高にカッコいいですよ♪

 

お洒落なサウンドだけど、一風変わった雰囲気もあって、不思議な魅力を持った作品です。

 

オリビア・ニュートン=ジョン/フィジカル

Olivia Newton John - Lets Get Physical

 

1981年リリース。70~80年代前半に数々のヒット曲を残したイギリスの人気シンガー、オリビア・ニュートン=ジョンの代表曲です!

 

強烈なインパクトのあるミュージックビデオの影響もあり、ビルボード・チャートで1位を記録する大ヒットになりました!

 

アース・ウィンド・アンド・ファイアー/レッツ・グルーヴ

Earth, Wind & Fire - Let's Groove (Official Music Video)

 

1981年リリース。アメリカの大所帯ファンクバンド、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの大ヒット曲です!

 

このノリノリのディスコ・ビートを聴いてると、日々の悩みがちっぽけに思えてきますよ。

 

圧倒的なポジティブ・パワーが感じられる傑作です!

 

スティービー・ワンダー/心の愛

Stevie Wonder - I Just Called To Say I Love You 1984 (High Quality)

 

1984年リリース。全米で4週連続でナンバーワンになったスティービー・ワンダーの代表曲です。

 

すさんだ気持ちを癒やしてくれるような「優しさ」を感じるメロディですよね。

→ スティーヴィー・ワンダーの名曲ランキング!おすすめアルバムも紹介!

 

ちなみにスティービーは、現在もバリバリ現役で活動中!

 

今をときめく世界の歌姫、アリアナ・グランデとも共演しているんですよ。

Stevie Wonder - Faith ft. Ariana Grande

 

→ アリアナ・グランデの人気曲ランキングTOP10!

 

ボン・ジョヴィ/リヴィン・オン・ア・プレイヤー

Bon Jovi - Livin' On A Prayer

 

1984年リリース。アメリカを代表するハードロックバンド、ボン・ジョヴィによる全米4週連続No.1を記録した大ヒット曲です。

 

トーキング・モジュレーターを使ったユニークなギター・サウンドも話題になりました!

 

 

ガンズ・アンド・ローゼズ/ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル

Guns N' Roses - Welcome To The Jungle (Official Music Video)

 

1987年リリース。アクセル・ローズ率いる大人気ロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズの代表曲です。

 

同曲を収録したデビュー・アルバム『アペタイト・フォー・ディストラクション』は、全世界で2,800万枚を超えるセールスを記録しています!

 

フィル・コリンズ/見つめて欲しい

Phil Collins - Against All Odds (Take A Look At Me Now) (Official Music Video)

 

1984年リリース。イギリスの人気ミュージシャン、フィル・コリンズの代表曲です。

 

アイルランドのボーカルグループ、ウエストライフをはじめ、たくさんのミュージシャンにカヴァーされている大人気ナンバーです!

 

ポリス/見つめていたい

The Police - Every Breath You Take (Official Music Video)

 

1983年リリース。イギリスのロックバンド、ポリスの大ヒット曲です。

 

ボーカルのスティングは、この曲で1984年のグラミー賞「最優秀楽曲賞」を獲得しています!

 

スタイル・カウンシル/シャウト・トゥ・ザ・トップ

The Style Council - Shout To The Top (Official Video)

 

1984年リリース。ジャズやR&Bの要素を取り入れたサウンドが魅力の音楽ユニット、スタイル・カウンシルの代表曲です。

 

日本でもテレビCMに何度も使用されているので、聴いたことがある方は多いと思いますよ♪

 

シカゴ/素直になれなくて

Chicago - Hard To Say I'm Sorry/Get Away (Official Audio)

 

1982年リリース。ホーン・セクションをフィーチャーしたサウンドが人気のロックバンド、シカゴの代表曲です。

 

人気プロデューサー、デイヴィッド・フォスターを迎えて制作された同曲は、全米シングルチャート1位を記録する大ヒットになりました!

 

 

ロキシー・ミュージック/夜に抱かれて

Roxy Music - More Than This

 

1982年リリース。耽美的なイメージが魅力のロックバンド、ロキシー・ミュージックの代表曲です。

 

ヨーロッパ的な美意識とブラック・ミュージックの融合を目指した名盤「アヴァロン」の冒頭を飾る傑作ナンバーです!

 

ザ・クラッシュ/ロック・ザ・カスバ

The Clash - Rock the Casbah (Official Video)

 

1982年リリース。ロンドン・パンクのカリスマ、ジョー・ストラマー率いるザ・クラッシュの代表曲です!

 

この曲は、パンクの枠に収まらないダンサブルなサウンドが話題になり、バンドにとって初のTOP10ヒットとなりました!

→ ジョー・ストラマーの感動的な名言と甲本ヒロトの想い

→ ザ・クラッシュの名曲ベスト10!おすすめ名盤アルバムも紹介!

 

ユーリズミックス/スイート・ドリームス

Eurythmics - Sweet Dreams (Are Made Of This) (Official Video)

 

1983年リリース。クールなシンセサウンドが魅力の音楽ユニット、ユーリズミックスの大ヒット曲です。

 

ミステリアスな魅力を持ったヴォーカリスト、アニー・レノックスの独特の存在感にも注目してください!

 

ブロンディ/コール・ミー

Blondie - Call Me (Official Video)

 

1980年リリース。紅一点のヴォーカリスト、デボラ・ハリーを中心としたロックバンド、ブロンディの代表曲です。

 

数々のディスコ・ヒットを生んだ名プロデューサー、ジョルジオ・モロダーによるテンション高めのサウンドが楽しめますよ!

 

ボーイズ・タウン・ギャング/君の瞳に恋してる

Can't Take My Eyes Off You (Original Extended Version)

 

1982年リリース。アメリカの男女3人組ユニット、ボーイズ・タウン・ギャングの大ヒット曲です。

 

キラキラしたサウンドと、突き抜けるようなポップなメロディが最高ですよね!

 

聴いていると青春時代を思い出すような、トキメキを感じさせてくれる名曲です。

 

プリファブ・スプラウト/ホエン・ラヴ・ブレイクス・ダウン

Prefab Sprout - When Love Breaks Down

 

最後に個人的なフェイヴァリットを1曲だけ紹介させてください。

 

1984年リリース。天才メロディメイカー、パディ・マクアルーンを中心に結成されたイギリスの4人組ロックバンド、プリファブ・スプラウトの代表曲です。

 

大ヒットはしていないのですが、最高にロマンティックな名曲なのでぜひ聴いてみてください!

 

余談ですが、20年近く音楽ファンをやっている私の「世界で一番好きなアルバム」が、この曲を含む彼らのセカンド作『スティーヴ・マックイーン』なんです。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

本当に素晴らしい作品なので、もし気になった方はチェックしてみてください!

 

さいごに 【洋楽】昔の定番ヒット曲まとめ!

今回、紹介した曲はどれもリリースから40年近く経った今でも愛されている名曲ばかり!

 

すべての曲に共通しているのは、一度聴いたら忘れられない素晴らしいメロディを持っている、ということですよね♪

 

本当はまだまだ紹介したい曲がたくさんあるんですが…。キリが無くなってしまうのでこの辺で終わりますね!

 

当サイトでは、他にも様々な洋楽情報を扱っていますので、ぜひ皆さんの音楽ライフの充実にお役立ていただければ幸いです!

 

関連記事(おすすめの洋楽)

→ 【洋楽】おすすめ女性アーティストまとめ!歴代の人気歌手・歌姫を一挙紹介!

→ 【洋楽】心が落ち着くしっとり系の名曲ベスト10!リラックスしたいときや読書のBGMにもおすすめ!

→ 【UKロック】おすすめ人気バンドまとめ!名盤・代表曲・特徴も紹介!【年代別】

おすすめ記事

-年代別・おすすめ洋楽
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved.