ジョージ・ハリスン

ジョージ・ハリスンの名曲ベスト10【ビートルズ~ソロ時代の代表曲】

投稿日:2018年8月24日 更新日:

George-Harrison

ビートルズのメンバーとして、数々の名曲を残したジョージ・ハリスン

 

グループ解散後のソロ活動では、名盤「オール・シングス・マスト・パス」を発表し、ジョンとポールに劣らぬ才能を証明しています。

 

今回はそんなジョージ・ハリスンの名曲・代表曲を、

  • ビートルズ時代の作品から5曲
  • ソロ時代の作品から5曲

この2つのパートに分けて計10曲ご紹介しようと思います!

 

※ジョージの曲だけでなく、ジョンやポールの曲も含めた「ビートルズの名曲ランキング」を知りたい方はこちら!

→ ビートルズの名曲ランキングTOP20!おすすめの人気曲・代表曲を徹底紹介!

 

 

 

ジョージ・ハリスンのビートルズ時代の名曲5選!

ビートルズ初期は、ジョンとポールの影に隠れがちだったジョージですが、中期~後期にかけてその才能を開花させ、数々の名曲を残しています。

 

1. Something(サムシング)

The Beatles - Something

 

1969年リリースのアルバム「アビー・ロード」収録。

 

この『サムシング』という曲は、ジョージのビートルズ時代の最高傑作と言われることも多く、

  • ジョンは「アルバムの中で一番の曲」
  • ポールは「ジョージの曲で最も良い」

と手放しで絶賛しています!

 

また『スリラー』で有名なマイケル・ジャクソンは、

 

「サムシングはあなたの曲なんですか? ジョンとポールの曲だと思っていました!」

 

ジョージ本人の前(!)で言った、というエピソードがあります。

 

失礼な話ですが、そう勘違いするほど良い曲だということですよね!

→ ビートルズの横断歩道ジャケットはどんな意味があるの?

 

2. While My Guitar Gently Weeps(ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス)

The Beatles - While My Guitar Gently Weeps

 

1968年のアルバム「ザ・ビートルズ」(通称:ホワイトアルバム)に収録。

ビートルズ「ホワイトアルバム」50周年記念盤の評価・評判は?

 

ジョージの作品の中でも最も有名な曲のひとつですが、製作時にちょっと面白いエピソードが残されています。

 

ジョージはこの曲のギター表現に苦しんで「自分の代わりにギターを弾いて欲しい」とエリック・クラプトンに頼みました。

 

ところが…!それは表向きの理由で、実際はメンバー間の雰囲気の悪さを、クラプトンをスタジオに招くことで和らげよう、という狙いだったんです。

 

実際、クラプトンがスタジオに来ると、ジョンとポールは機嫌を良くしジョージの狙いは大成功!

 

しかし、全盛期のビートルズから直々に呼び出されたクラプトンは「自分なんかがビートルズのアルバムで弾いて良いのか…」と恐縮しきりだったそうです。

→ エリック・クラプトンの名曲ランキングTOP10!バラードからロックまで代表曲を一挙紹介!

 

3. Here Comes The Sun(ヒア・カムズ・ザ・サン)

Here Comes The Sun (Remastered 2009)

 

1969年のアルバム「アビー・ロード」に収録。

 

この曲は、ジョージが親友のエリック・クラプトンの家に遊びに行ったときに生まれた、というエピソードが有名です!

 

「春の木漏れ日を浴びていたら、自然にメロディと歌詞が浮かんだんだ」

 

というジョージの言葉がピッタリくるような幸福感にあふれた名曲です♪

 

ちなみにジョージは、この曲の姉妹作『ヒア・カムズ・ザ・ムーン』を1979年にリリースしています。

Here Comes The Moon (Remastered 2004)

 

ちょっとメロウなムードのある素敵な曲ですよね♪

 

余談ですが、ポール・マッカトニーも『イエスタディ』の姉妹作『トゥモロウ』をリリースしています!

→ ポール・マッカートニーの名曲ベスト20【ビートルズ~ソロ時代の代表曲】

 

4. Taxman(タックスマン)

Taxman (Remastered 2009)

 

1966年のアルバム「リボルバー」に収録。

 

ビートルズの楽曲の中でも、ファンキーな魅力が際立った名曲です!

 

ベースのひずんだ音色とフレーズも素晴らしく、ジョージの曲ですが、ポールのベースが聴きどころ、と言っても良いほどグルーヴィーな演奏が楽しめますよ!

 

5. Think For Yourself(嘘つき女)

The Beatles - Think For Yourself (HQ)

 

1965年のアルバム「ラバー・ソウル」に収録。

 

この曲も上で紹介した『タックスマン』同様、ベースがカッコいいんです!

 

ポールはジョージの曲を演奏するとき「ちょっと弾きすぎでは?」と思うほど頑張るんですよね。

 

この曲ではないですが、ジョージは一度ポールのベースプレイに対して「やりすぎだよ…」と漏らしたことがあったそうです。

 

そんなポールのやりすぎな程の情熱がこもった傑作です!

 

ということで、ここまでがジョージ・ハリスンのビートルズ時代の名曲ベスト5でした!

 

「これってジョージの曲だったんだ!」という発見もあったのではないでしょうか?

 

それにしても『サムシング』は本当に良い曲! マイケルが間違うのも仕方ない!という気もしますね。

 

ちなみにポールは、2018年のワールドツアーの全公演で「ジョージ、こんな良い曲を残してくれてありがとう」という前置きをつけ『サムシング』を演奏しています!

→ ポール・マッカートニーのワールド・ツアーのセットリストを紹介!

Paul McCartney - Something - Freshen Up Tour 2018 Quebec

 

ポールがウクレレを弾いているのは、ジョージが「大のウクレレ好き」だったことを意識してのこと。

 

ジョージのウクレレ演奏は、遺作となったアルバム「ブレインウォッシュド」収録の『絶体絶命』でも聴くことができます。

George Harrison - Between The Devil & The Deep Blue Sea

 

この曲は、村上春樹さんのラジオ番組「村上RADIO」の第1回の放送でも選曲されています。

→ 村上春樹が選んだ音楽は何?『村上RADIO』の選曲まとめ!

 

さて、続いてはジョージ・ハリスンのソロ時代の名曲ベスト5を見ていきましょう!

 

個人的な感想ですが、ジョージはソロ時代の作品の方が良い曲が多いと思っています。

 

聴いて損はない名曲ばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ジョージ・ハリスンのソロ時代の名曲5選!

ジョージ・ハリスンのソロ活動と言えば、なんと言っても名盤「オール・シングス・マスト・パス」

 

今回はこのアルバムからの曲を中心に選びました!

 

紹介する5曲のうち、最初の4曲は「オール・シングス・マスト・パス」収録。

 

最後の1曲が「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」収録になります。

 

1. My Sweet Lord(マイ・スウィート・ロード)

George Harrison - My Sweet Lord (Official Audio)

 

デビューアルバムからの第1弾シングル。ソロ時代のジョージの一番の代表作です!

 

『ビルボード』チャートでも1位を獲得し、ジョージのソロ活動は順風満帆の船出となりました!

 

その後、盗作問題で訴訟されたりと、いわく付きの曲でもありますが、聴いていると思わず口ずさみたくなるような名曲です♪

 

2. What Is Life(美しき人生)

George Harrison - What Is Life (Official Music Video)

 

デビューアルバムからの第2弾シングル。あまりにも『マイ・スウィート・ロード』がヒットしたため、すこし影に隠れる形になりましたが、ポップなメロディが耳に残る名曲です!

 

ちなみに上の動画は、2016年に新しく撮り直したミュージック・ビデオ。明るく軽快な曲のイメージと、女の子の軽やかなダンスがマッチしていて良い感じです!

 

3. I’d Have You Anytime(アイド・ハヴ・ユー・エニータイム)

George Harrison - I'd Have You Anytime

 

ボブ・ディランと作詞を共作、エリック・クラプトンがギターで参加、という豪華な一曲!

 

メロウで気怠げな曲調にクラプトンのギターがハマっています!

 

「アルバムの他の曲もきっと最高に違いない」とリスナーに期待感を抱かせる、最高のオープニングナンバーです。

 

4. Isn't It a Pity?(イズント・イット・ア・ピティー )

George Harrison - Isn't It A Pity [Remastered]

 

ジョージの全作品の中でも、屈指の美しいメロディラインを持った名曲です!

 

元々はビートルズのアルバム用に作られた曲でしたが、採用されなかった(!)ためソロアルバムに収録されています。

 

本当に「なぜこれが没になるの?」と言いたくなりますよね!

 

余談ですが、イントロが、サザンオールスターズの『いとしのエリー』とちょっと似ているのも興味深いです。

 

5. Give Me Love (Give My Peace On Earth)(ギヴ・ミー・ラヴ)

George Harrison-Give Me Love (Give Me Peace On Earth)

 

ジョージのソロ第2弾アルバムからのシングル曲。ビルボードチャートで1位を記録するヒットになりました!

 

イントロから、いかにもジョージらしいスライドギターを聴くことができますよ。

 

切実さを感じさせるジョージのヴォーカルが胸に染みる名曲です!

 

あとがき ジョージ・ハリスンの名曲ベスト10

一般的には、ビートルズと言えば「ジョン・レノンとポール・マッカートニーのバンド」という印象が強いですよね。

 

どうしても2人に比べると目立たないジョージですが、音楽的な才能は決して劣っていません。

 

ジョージの音楽に興味を持った方は、まずは名盤『オール・シングス・マスト・パス』を聴くのがオススメですよ!

 

関連記事(ジョージ・ハリスン)

→ ジョージ・ハリスンはどんな性格だった? 静かなビートルの本音

→ 父親にそっくり?ジョージ・ハリスンの息子ダーニの才能がすごい!

→ ジョージ・ハリスンは妻をエリック・クラプトンに奪われたって本当?

→ ジョージ・ハリスンのおすすめアルバムTOP3!ソロ最高傑作はこの名盤だ!

おすすめコンテンツ

-ジョージ・ハリスン
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.