ポール・マッカートニー

【セトリ】ポール・マッカートニー2018東京ドーム(10/31、11/1)来日ツアー公演のセットリストを紹介!

投稿日:2018年11月2日 更新日:

ポール・マッカートニー 来日 東京ドーム

ポール・マッカートニーが「ジャパン・ツアー2018」のために来日しました!

 

今回の日本公演は東京・名古屋で全4回行われます。

  • 10月31日:東京ドーム
  • 11月1日:東京ドーム
  • 11月5日:両国国技館
  • 11月8日:ナゴヤドーム

そこで今回は、10月31日、11月1日に行われた東京ドーム公演のセットリストを紹介したいと思います!

 

※ 両国国技館公演、ナゴヤドーム公演のセットリストはこちらをどうぞ!

→ 【セトリ】ポール・マッカートニー2018両国国技館(11/5)

→ 【セトリ】ポール・マッカートニー2018ナゴヤドーム(11/8)

 

スポンサーリンク

 

 

【2018/10/31】東京ドーム公演のセットリスト(ポール・マッカートニー)

まずはジャパン・ツアー初日(10月31日)の東京ドーム公演のセットリストから!

  • 1. ア・ハード・デイズ・ナイト
  • 2. ハイ・ハイ・ハイ ★
  • 3. オール・マイ・ラヴィング
  • 4. ワイン・カラーの少女 ★
  • 5. フー・ケアーズ
  • 6. カム・オン・トゥ・ミー
  • 7. レット・ミー・ロール・イット ★
  • 8. アイヴ・ガッタ・フィーリング
  • 9. 幸せのノック ★
  • 10. マイ・ヴァレンタイン ★
  • 11. 1985 ★
  • 12. メイビー・アイム・アメイズド ★
  • 13. 夢の人 ★
  • 14. イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー ※
  • 15. フロム・ミー・トゥ・ユー
  • 16. ラヴ・ミー・ドゥ
  • 17. ブラックバード
  • 18. ヒア・トゥデイ ★
  • 19. クイーニー・アイ ★
  • 20. レディ・マドンナ
  • 21. エリナー・リグビー
  • 22. ファー・ユー
  • 23. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
  • 24. サムシング
  • 25. オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ
  • 26. バンド・オン・ザ・ラン ★
  • 27. バック・イン・ザ・USSR
  • 28. レット・イット・ビー
  • 29. 007 死ぬのは奴らだ ★
  • 30. ヘイ・ジュード
  •  
  • アンコール
  • 31. イエスタデイ
  • 32. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  • 33. ヘルター・スケルター
  • 34. ゴールデン・スランバー
  • 35. キャリー・ザット・ウェイト
  • 36. ジ・エンド
  • ★はビートルズ解散後(ソロ活動~ウイングス)の曲
  • 赤字は新作『エジプト・ステーション』収録曲
  • 無印はビートルズ時代の曲
  • ※14曲目はビートルズの前身バンド「クオリーメン」時代の曲

 

このセットリストを見た感想ですが、新作『エジプトステーション』の曲が少なく、往年のヒット曲のオンパレード!出し惜しみのない豪華な選曲!という印象を持ちました。

 

今回のワールドツアー初日(9/17 カナダ公演)のセットリストと大体、同じ構成になっていますね。

 

こちらの記事に、ツアー初日(カナダ公演)のセットリストの感想を詳しく書いていますので、よろしければ読んでみてください!

→ ポール・マッカートニーのワールド・ツアー初日(2018年9月17日)のセットリストを紹介!

 

さいたまスーパーアリーナの公演キャンセルの件で話題になった、ジュリーこと沢田研二さんは昔のヒット曲はあまり演奏しない、というスタンスなんですよね。

 

おそらく「自分は現在進行系のミュージシャンなんだ」というこだわりがあるのだろう、と思います。

 

一方、ポールは過去の作品をむしろ積極的に演奏していますよね。ジュリーのように考えてもおかしくないはずですが…。

 

この辺りのポールの考え方についても、カナダ公演の記事の最後(あとがき)で触れています。

 

どちらが良い、ということはないのですが、それぞれに考え方が違って面白いですよね。

 

スポンサーリンク

 

【2018/11/1】東京ドーム公演のセットリスト(ポール・マッカートニー)

続いてジャパン・ツアー2日目(11月1日)の東京ドーム公演のセットリストです。

  • 1. ア・ハード・デイズ・ナイト
  • 2. ジュニアズ・ファーム ★
  • 3. キャント・バイ・ミー・ラヴ
  • 4. ワイン・カラーの少女 ★
  • 5. フー・ケアーズ
  • 6. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
  • 7. カム・オン・トゥ・ミー
  • 8. レット・ミー・ロール・イット ★
  • 9. アイヴ・ガッタ・フィーリング
  • 10. 幸せのノック ★
  • 11. マイ・ヴァレンタイン ★
  • 12. 1985 ★
  • 13. メイビー・アイム・アメイズド ★
  • 14. 恋を抱きしめよう
  • 15. イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー ※
  • 16. フロム・ミー・トゥ・ユー
  • 17. ラヴ・ミー・ドゥ
  • 18. ブラックバード
  • 19. ヒア・トゥデイ ★
  • 20. クイーニー・アイ ★
  • 21. レディ・マドンナ
  • 22. エリナー・リグビー
  • 23. ファー・ユー
  • 24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
  • 25. サムシング
  • 26. オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ
  • 27. バンド・オン・ザ・ラン ★
  • 28. バック・イン・ザ・USSR
  • 29. レット・イット・ビー
  • 30. 007 死ぬのは奴らだ ★
  • 31. ヘイ・ジュード
  •  
  • アンコール
  • 32. イエスタデイ
  • 33. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  • 34. ヘルター・スケルター
  • 35. ゴールデン・スランバー
  • 36. キャリー・ザット・ウェイト
  • 37. ジ・エンド
  • ★はビートルズ解散後(ソロ活動~ウイングス)の曲
  • 赤字は新作『エジプト・ステーション』収録曲
  • 無印はビートルズ時代の曲
  • ※15曲目はビートルズの前身バンド「クオリーメン」時代の曲

 

初日とほぼ同じセットリストですが、初日の『オール・マイ・ラヴィング』が、2日目は『キャント・バイ・ミー・ラヴ』になっていたりと、数曲入れ替わっているようです。

 

曲目をある程度、固定しているので、ツアーの終盤になるほど演奏のクオリティが良くなっていきそうですね!

 

さいごに:妻とともに来日したポール・マッカートニーの様子

ポール・マッカートニー ナンシー・シェベル 来日

出典:https://news.nifty.com/

 

こちらは日本に到着したときのポールの写真です。

 

妻のナンシー・シェベルさんと、おそろいのハッピを着て空港に登場!

 

仲睦まじく手を繋いでいますね。

 

「ポールの妻のナンシーさんってどんな人?」という方はこちらの記事をどうぞ!

→ ポール・マッカートニーの妻はどんな人? 天才を支えた3人の配偶者

 

このハッピですが、ポールの名前や新作アルバムのタイトルが書いてあるので、日本用のツアーグッズでしょうかね。

 

ちなみに1980年のポールの幻の日本公演(諸事情によりすべてキャンセルに…)のツアーグッズがこちら。

マイケル・ジャクソン ポール・マッカートニー ザ・マン

日本列島がプリントされたスタジャンです。公演がキャンセルになって余っていたのでしょうか?

 

で、それを着ているこの後ろ姿の人物は、なんとマイケル・ジャクソン!

 

『ザ・マン』というポールとマイケルの共作曲のプロモーションビデオの中のワンシーンです。

 

マイケルも意外とお茶目なところがあるんですね。

 

ちょっと話がそれましたが…。2018年のポールの日本公演も残すところあと2回!

 

絶好調のポールの姿を見て、元気を分けてもらいましょう!

 

関連記事(ポール・マッカートニー)

→ ポール・マッカートニーの子供は有名人なの? 娘と息子の現在について

→ ポール・マッカートニーの名曲ベスト20【ビートルズ~ソロ時代の代表曲】

→ ビートルズの横断歩道ジャケットはどんな意味があるの? 写真の場所も知りたい!

-ポール・マッカートニー
-,

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.