ビートルズ

ビートルズの名曲ランキングTOP20!おすすめの人気曲・代表曲を徹底紹介!

投稿日:2018年12月20日 更新日:

ビートルズ 人気曲 名曲

『ヘイ・ジュード』『レット・イット・ビー』など数々の名曲を残し、今でも世界中で大人気のザ・ビートルズ!

 

2018年には、名盤『ホワイトアルバム』の50周年記念盤が発売され話題になりました!

 

そこで今回は、ビートルズの名曲・代表曲の中から20曲を厳選し、

  • ポップで軽快なビートルズの名曲ベスト10
  • スローで切ないビートルズの名曲ベスト10

この2つのパートに分けてご紹介したいと思います!

 

また記事の最後では「ビートルズの隠れた名曲ベスト5」もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

目次(コンテンツ)

 

ポップで軽快なビートルズの名曲ベスト10!

第10位 ハード・デイズ・ナイト(A Hard Day's Night)

A Hard Day's Night (Remastered 2015)

 

誰もが知っているイントロの「ジャーン!」で、一気にビートルズの世界に引き込まれる初期の傑作!

 

聴いていると悩みなんて吹き飛んでしまいそうです!

 

第9位 キャント・バイ・ミー・ラヴ(Can't Buy Me Love)

Can't Buy Me Love (Remastered 2015)

 

いきなりポールの強烈なシャウト!で始まるインパクト抜群のロック・ナンバー!

 

ポールは2018年のワールドツアーでもこの曲をバッチリ決めてくれました!

 

第8位 シー・ラヴズ・ユー(She Loves You)

She Loves You (Mono / Remastered)

 

初期のビートルズの若々しいパワーが弾けた名曲!

 

「ツカミはOK!」と言いたくなる「サビ始まり」の曲構成は、60年代当時とても斬新なものでした。

 

第7位 ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ(Got To Get You Into My Life)

Got To Get You Into My Life (Remastered 2009)

 

華やかなホーン・セクションが印象的なビートルズ中期の傑作です!

 

この曲は、70年代に大活躍した大所帯ファンクバンド「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」がカヴァーしていることでも有名なんですよ♪

 

第6位 レディ・マドンナ(Lady Madonna)

Lady Madonna (Remastered 2015)

 

軽やかなタッチのピアノ演奏が最高にカッコいいポールの傑作です!

 

この演奏を聴いて体が少しも動かない方は、だいぶ疲れているかもしれませんよ♪

 

第5位 ゲット・バック(Get Back)

Get Back (Remastered 2015)

 

ポールが「戻ってこい!」と叫ぶ熱いロックナンバーです!

 

ビートルズ解散間際の作品で、歌詞の「ジョジョ」は、当時ビートルズとしての活動に興味を失っていたジョンを指している、と言われています。

 

バンドの存続を願っていたポールの切実な叫びが胸に響く名曲です。

 

第4位 ペニー・レイン(Penny Lane)

Penny Lane (Remastered 2015)

 

ポールのメロディ・メイカーとしての才能が最大限に発揮された名曲です!

 

「ペニー・レイン」とはビートルズの出身地リヴァプールにある通りの名前。

 

ポールは「ペニー・レイン」という言葉の響きを気に入り曲名に採用しています。

 

ピッコロトランペットによる間奏も素敵ですよね♪

 

第3位 オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(Ob-La-Di, Ob-La-Da)

Ob-La-Di, Ob-La-Da (Remastered 2009)

 

ビートルズ唯一のレゲエソングとも評されるポップで賑やかな名曲です!

 

曲名の「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」ってなんだか不思議な言葉ですよね。

 

これは、アフリカのヨルバ族の言葉で「人生は続く」という意味

 

……という説もあるんですが、実際はハッキリしていません。

 

でも語呂も良いし、楽しげな響きなので「意味なんかなくても良いか」と思ってしまうような明るさに溢れた傑作です♪

 

第2位 ペイパーバック・ライター(Paperback Writer)

Paperback Writer (Remastered 2015)

 

ギターのリフが最高にクールなビートルズ中期の傑作ロックナンバー!

 

初期の頃よりもノイジーなサウンドでグイグイ迫ってくるメンバーの演奏にノックアウトされてしまいそうです!

 

第1位 ヘルプ! (Help!)

Help! (Remastered 2015)

 

「ヘルプ!」というシャウトで勢いよく始まる、初期ビートルズの傑作ナンバー!

 

歌詞は、ポップで明るい曲調とは裏腹に

 

加熱するビートルズ人気に、自分を見失いそうになっていたジョンの悲痛な叫びが歌われています。

 

たしかに、それを知って聴くと、曲全体から「焦り」のようなニュアンスが感じられますよね。

 

ちなみにこの曲は「開運!なんでも鑑定団」のテーマ曲としても使われています。

 

ということで、ここまでが「ポップで軽快なビートルズの名曲ベスト10」でした!

 

本当に聴いていると心がワクワクするような曲ばかり!

 

ビートルズが世界中の人から愛されている理由が分かりますよね♪

 

続いては「スローで切ないビートルズの名曲ベスト10」を紹介していこうと思います!

 

音楽の教科書にも載っている究極のバラードも登場しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

スローで切ないビートルズの名曲ベスト10!

第10位 ミッシェル(Michelle)

Michelle (Remastered 2009)

 

ビートルズ中期の傑作『ラバー・ソウル』に収録。甘いムードの漂うロマンチックな名曲です!

 

曲の冒頭は、フランス語で歌われていて

 

「ミッシェル ぼくの美しい人 とてもよく似合う言葉だ」という内容。

 

この独特の発音が、オシャレな雰囲気に拍車をかけてますよね♪

 

第9位 ガール(Girl)

Girl (Remastered 2009)

 

美しいメロディを、気怠るそうに歌うジョンのヴォーカルが印象的な名曲。

 

「息継ぎ」の音が大胆にサウンドの一部として使われています。

 

気まぐれなアイディアだったのかもしれませんが、

 

「音楽として聴いたときにちゃんと成立している」という事が本当にスゴいな、と思いますね。

 

第8位 ブラックバード(Blackbird)

Blackbird (Remastered 2009)

 

ギターの繊細な響きが胸を打つビートルズ後期の名曲です!

 

歌詞では「黒人女性の人権解放」について歌っています。

 

派手さはないですが根強いファンの多い曲で、今でもポールのライブの定番ナンバーなんですよ♪

 

第7位 ノルウェーの森(Norwegian Wood)

Norwegian Wood (This Bird Has Flown)

 

シタールのエキゾチックな音色が印象的なビートルズ中期の名曲です。

 

それにしても「ノルウェーの森」ってなんだか不思議な曲名ですよね。

 

実はこの日本語タイトル、「誤訳じゃないの?」と言われることも多いんです。

 

ポールによると「Norwegian Wood」は、

ノルウェー産の木材、松の木のことだよ。安物の松材さ。

でも「安物の松材」じゃタイトルにならないだろ?

出典:Wikipedia

 

当時のポールの彼女の家は、全てこの「安物の松材」で作られていたそう。

 

そこに着想を得て作られた歌詞なんですね♪

 

第6位 サムシング(Something)

Something (Remastered 2015)

 

ジョージ・ハリスンのビートルズ時代の最高傑作です!

 

この曲によってジョージは「ジョンとポールの影に隠れた存在」というイメージを完全に払拭した、と言っても過言ではないでしょう。

 

この調子の良さは後のソロ活動にも引き継がれ、名盤『オール・シングス・マスト・パス』が生まれることになります!

→ ジョージ・ハリスンの名曲ベスト10【ビートルズ~ソロ時代の代表曲】

 

第5位 ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア(Here, There And Everywhere)

Here, There And Everywhere (Remastered 2009)

 

1966年のアルバム『リボルバー』に収録されたポールによる名曲です!

 

ポールは、ビーチ・ボーイズの傑作『God Only Knows』にインスパイアされてこの曲を作った、というエピソードも残っています。

God Only Knows (Remastered)

 

ポールは、この曲を「ビートルズ時代の自分の最高傑作」と語っています♪

 

第4位 レット・イット・ビー(Let it Be)

Let It Be (Remastered 2009)

 

1970年のアルバム『レット・イット・ビー』に収録。ビートルズの最後のシングルにもなった名曲です!

 

この曲はポールの亡き母メアリーさんが、ビートルズ解散の危機に直面し落ち込んでいた息子に

 

「あるがままを受け入れなさい」と天国からアドバイスをしたことで生まれた曲だと言われています。

 

第3位 ヘイ・ジュード(Hey Jude)

Hey Jude (Remastered 2015)

 

1968年のビルボード・チャートで年間1位に選ばれた大ヒット曲!

 

この曲はポールが、ジョンの息子ジュリアンをなぐさめるために作った、というエピソードがあります。

 

どういうことか、と言うと…

 

ジョンと妻シンシア(オノ・ヨーコさんの前の妻)が離婚をすることになり、ジュリアンが悲しんでいたそうなんですね。

 

それを見たポールがジュリアンに「元気を出せよ」となぐさめている、ということなんです。

 

第2位 イン・マイ・ライフ(In My Life)

In My Life (Remastered 2009)

 

ビートルズ中期の傑作『ラバー・ソウル』に収録されたジョンによる名曲です!

 

ジョンはこの曲を「故郷のリヴァプールを思い出しながら作った」と語っています。

 

そう言われると確かにノスタルジックな響きを感じますよね。

 

個人的には、1分30秒頃から始まる間奏部分がお気に入り!ぜひ聴いてみてください!

 

第1位 イエスタデイ(Yesterday)

Yesterday (Remastered 2015)

 

ポール・マッカートニーの全キャリアの中でも最も有名な20世紀を代表する名曲です!

 

この曲はポールが「夢の中でメロディを思いついた」というユニークなエピソードがあります。

 

日本の音楽の教科書にも採用され、幅広い世代から愛されている名曲です♪

 

ということで、ここまでが「スローで切ないビートルズの名曲ベスト10」でした!

 

誰が聴いても「良い曲だな♪」と思える、という点を意識してセレクトすると、どうしてもポールの曲が多くなるんですよね。

 

一般的には「ビートルズと言えばジョン」みたいな認識がありますが、ポールの素晴らしいメロディがなければ、これほど世界的に有名になっていなかったのでは…、と感じるほどです。

 

ですが…!

 

次の「ビートルズの隠れた名曲ベスト5」では、ジョンが亡き母への想いを切々と歌った名曲が登場します!

 

やはり「ジョンあってのビートルズだな」と思えるような最高の曲なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

ビートルズの隠れた名曲5選!

第5位 ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog)

Hey Bulldog (Remastered 2009)

 

イントロのピアノが最高! なビートルズ中期の知られざる名曲です!

 

ジョン・レノンの話によると、当時あまりに忙しかったこともあり、ほとんど即興的に作った曲なのだそう。

 

全盛期のビートルズの「凄み」が感じられるエピソードですよね。

 

ちなみに曲の終盤の「犬の吠える声」はポールによるもの。こういうユーモアも良いですね!

 

第4位 ユア・マザー・シュッド・ノウ(Your Mother Should Know)

Your Mother Should Know (Remastered 2009)

 

ビートルズ中期のアルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』にひっそりと収録された名曲!

 

はっぴいえんどのメンバーだった大瀧詠一さんの曲で、ちょっと似た雰囲気の曲があるんですよね。

空飛ぶくじら[シングル・バージョン]/ 大瀧詠一

 

この『空飛ぶくじら』は、はっぴいえんど時代は意識的に取り入れていなかった「ビートルズ的な曲作り」を解禁した曲としても知られています。

 

第3位 フォー・ノー・ワン(For No One)

For No One (Remastered 2009)

 

なぜかあまり知られていないポールの美しすぎる名曲です!

 

「もっと多くの人に知ってほしい!」という一念で、当サイトのビートルズ関連の記事でたびたびプッシュしています。

 

この記事を偶然、読んでいるそこのあなた! この曲だけは覚えて帰ってくださいね♪

 

第2位 ロッキー・ラクーン(Rocky Raccoon)

Rocky Raccoon (Remastered 2009)

 

50周年記念盤もリリースされた『ホワイトアルバム』収録のポールの名曲!

 

この曲も、その素晴らしさに対して知名度があまりにも低すぎるので、猛プッシュしていきたいですね!

  • 崩したようなボーカル
  • 絶妙なハーモニー感覚
  • 途中のアップテンポになるパートの素晴らしさ

など聴きどころが盛り沢山です!

 

第1位 ジュリア(Julia)

Julia (Remastered 2009)

 

『ホワイトアルバム』のB面ラストを飾る、切なく美しいメロディが印象的な名曲です。

 

ジョン・レノンが亡き母への想いを歌った曲としても知られています。

 

エピソードを知ったうえで聴くと、感傷的なメロディがより胸に響きますよね…。

 

あとがき ビートルズの名曲ベスト20!

今回の「ビートルズの名曲ベスト20 + 隠れた名曲5選」は、

 

とくに音楽マニアではない普通のリスナーが聴いて「良い曲だな♪」と思える

 

という基準で選びました。具体的には

  • メロディがキレイ!
  • 演奏がカッコいい!

というように「良さが分かりやすい」ということ。

 

なので、

  • 実験的
  • 前衛的
  • 歴史的な意義

のような文脈で評価される曲は選んでいません。(私自身がよく分かっていない、というのも大きいんですが…)

 

もしこういった曲に興味がある方は、ビートルズ中期~後期のオリジナル・アルバムを、ライナーノーツ(CDに付属している解説書のこと)を読みながら聴くことをオススメします。

※個人的な感想ですが、1960年代当時に前衛的だった音楽の価値を、後追いで聴くリスナーが正しく理解するのは本当に難しい。説明を読んでも「へぇ~そうなんだ」としか感じられない事も多く「リアルタイム世代がうらやましい」と思ったりします…。

 

また「ビートルズ最初の1枚」を決めかねている方には、初期の活動をまとめたベストアルバム『赤盤』がとっつきやすいのでオススメです!

 

ぜひこの機会に、ビートルズの素晴らしい名曲の数々を楽しんでくださいね♪

 

関連記事(ビートルズ)

→ ビートルズの息子たちの現在は? 音楽の道を選んだ子供の活動を紹介!

→ 【ビートルズ入門】メンバーの名前や性格を紹介!現在の活動は?

→ ビートルズのおすすめアルバムランキングベスト5!まずはこの名盤から聴こう!

→ ビートルズが好きな人におすすめのアーティストを紹介!

おすすめコンテンツ

-ビートルズ
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.