ビートルズ

ビートルズの名曲ランキングTOP20!おすすめの人気曲・代表曲を徹底紹介!

投稿日:2018年12月20日 更新日:

ビートルズ 人気曲 名曲

『ヘイ・ジュード』『レット・イット・ビー』など数々の名曲を残し、今でも世界中で大人気のザ・ビートルズ!

 

2018年には、名盤『ホワイトアルバム』の50周年記念盤が発売され、再び注目度が高まっています!

 

そこで今回は「ビートルズに興味があるけど、まずは何から聴けば良いかな?」という方のために、

 

ビートルズの人気曲の中から20曲を厳選し、

  • ポップで軽快なビートルズの名曲ベスト10
  • スローで切ないビートルズの名曲ベスト10

この2つの曲調に分けてご紹介したいと思います!

 

さらに記事の最後では「こんなに良い曲なのに、なぜあまり知られてないの?」

 

と私が個人的に感じる「ビートルズの隠れた名曲ベスト5」もご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

ビートルズのおすすめ人気曲ベスト20!隠れた名曲も紹介!

今回の記事は少し長くなるので、以下のように3ページに分けています。

  • 1ページ目「ポップで軽快なビートルズの名曲ベスト10」
  • 2ページ目「スローで切ないビートルズの名曲ベスト10」
  • 3ページ目「ビートルズの隠れた名曲ベスト5」

 

「ポップで軽快な名曲ベスト10」は、このまま読み進めてください♪

 

「スローで切ない名曲ベスト10」から読まれる方はこちらから → スローで切ないビートルズの名曲ベスト10!

 

「隠れた名曲ベスト5」から読まれる方はこちらから → ビートルズの隠れた名曲ベスト5!

 

今回はランキング形式での紹介なので、それぞれの曲に順位をつけていますが、実際はどれも甲乙つけがたい傑作ばかり!

 

なのであまり順位は気にせず、お気に入りの1曲を見つけてくださいね♪

 

それでは早速「ポップで軽快なビートルズの名曲ベスト10」から見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ポップで軽快なビートルズの名曲ベスト10!

第10位 ハード・デイズ・ナイト(A Hard Day's Night)

A Hard Day's Night (Remastered 2015)

 

誰もが知っているイントロの「ジャーン!」で、一気にビートルズの世界に引き込まれる初期の傑作!

 

聴いていると悩みなんて吹き飛びますよ!

 

第9位 キャント・バイ・ミー・ラヴ(Can't Buy Me Love)

Can't Buy Me Love (Remastered 2015)

 

いきなりポールの強烈なシャウト!で始まるインパクト抜群のロック・ナンバー!

 

ポールは2018年のワールドツアーでもこの曲をバッチリ決めてくれました!

 

第8位 シー・ラヴズ・ユー(She Loves You)

She Loves You (Mono / Remastered)

 

初期のビートルズの若々しいパワーが弾けた名曲!

 

「ツカミはOK!」と言いたくなる「サビ始まり」の曲構成は、60年代当時とても斬新なものだったそうです!

 

第7位 ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ(Got To Get You Into My Life)

Got To Get You Into My Life (Remastered 2009)

 

ビートルズ中期の傑作アルバム『リボルバー』に収録された名曲!

 

なんと言っても、このブラス・セクションのアレンジが最高ですよね!

 

アース・ウィンド・アンド・ファイアーのカヴァーも有名です。

 

第6位 レディ・マドンナ(Lady Madonna)

Lady Madonna (Remastered 2015)

 

転がるようなピアノの演奏が最高にカッコいいポールの傑作です!

 

この演奏を聴いて体が少しも動かない方は、だいぶ疲れているかもしれませんよ♪

 

第5位 ゲット・バック(Get Back)

Get Back (Remastered 2015)

 

ポールが「帰ってこい!」と叫ぶ熱いロックンロール!

 

ビートルズ解散間際の作品で、歌詞の「ジョジョ」は、当時ビートルズとしての活動に興味を失っていたジョンを指している、と言われています。

 

ポールの切実な叫びが胸に響く名曲です。

 

第4位 ペニー・レイン(Penny Lane)

Penny Lane (Remastered 2015)

 

ポールのメロディ・メイカーとしての才能が最大限に発揮された名曲です!

 

「ペニー・レイン」とはビートルズの出身地リヴァプールにある通りの名前。

 

ポールは「ペニー・レイン」という言葉の響きを気に入り曲名に採用しています。

 

ピッコロトランペットによる間奏も素敵ですよね♪

 

第3位 オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(Ob-La-Di, Ob-La-Da)

Ob-La-Di, Ob-La-Da (Remastered 2009)

 

ビートルズ唯一のレゲエ・ソングとも言われるポップで賑やかな名曲です!

 

この「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」という不思議な言葉は、

 

アフリカのヨルバ族の言葉で「人生は続く」という意味という説もありますが、実際ははっきりしていません。

 

でも語呂も良いし、楽しげな響きなので「意味なんかなくても良いか」と思ってしまいます♪

 

第2位 ペイパーバック・ライター(Paperback Writer)

Paperback Writer (Remastered 2015)

 

ギターのリフが最高にクールなビートルズ中期の傑作ロック・ナンバー!

 

初期の頃よりもノイジーなサウンドでグイグイ迫ってくるメンバーの演奏に打ちのめされて下さい!

 

第1位 ヘルプ! (Help!)

Help! (Remastered 2015)

 

「ヘルプ!」というシャウトで勢いよく始まる、初期ビートルズの傑作!

 

歌詞は、ポップで明るい曲調とは裏腹に

加熱するビートルズ人気に、自分を見失いそうになっていたジョンの悲痛な叫び

が歌われています。

 

「開運!なんでも鑑定団」のテーマ曲としてもお馴染みですね♪

 

ということで、ここまでが「ポップで軽快なビートルズの名曲ベスト10」でした!

 

本当に聴いていると心がワクワクするような曲ばかり!

 

ビートルズが世界中の人から愛されている理由が分かりますよね♪

 

次の「スローで切ないビートルズの名曲ベスト10」では、

 

日本の音楽の教科書にも載った究極のバラードが登場します!

 

ぜひチェックしてみてください!

 

次のページへ >

-ビートルズ
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.