シーン別・おすすめ洋楽

【洋楽】心が落ち着くしっとり系の名曲ベスト10!リラックスしたいときや読書のBGMにもおすすめ!

投稿日:2019年3月8日 更新日:

ラヴィ・シャンカール 娘 ノラ・ジョーンズ

仕事・家事・勉強などで忙しい日が続くと、一日中、気を張っているせいか、なかなか緊張感が取れないことってありますよね。

  • 体は疲れてるけど、頭は冴えているので寝付けるか心配…
  • なぜかソワソワして落ち着かない…
  • なにかリラックスできる方法はないかな…

こんなときは、ゆったりと横になって、リラックスできる音楽を聴くのがオススメです。

 

そこで今回は「心が落ち着くしっとり系の洋楽の名曲10選」をご紹介したいと思います!

 

 

 

【洋楽】心が落ち着くしっとり系の名曲10選!リラックスしたいときのBGMにも最適!

1. ノラ・ジョーンズ / Norah Jones

Norah Jones - Don't Know Why

 

まずは、ジャズの名門ブルーノートが誇る「世界の歌姫」ノラ・ジョーンズを紹介!

 

2002年リリースのデビュー曲『ドント・ノー・ホワイ(Don't Know Why)』はグラミー賞を3部門で受賞する大ヒットとなりました。

 

温かみのある歌声と、心に染み渡るような優しいメロディが印象的な名曲です。

 

2. カーペンターズ  / Carpenters

The Carpenters - [They Long To Be] Close To You [Audio]

 

続いては『遥かなる影』などの世界的なヒット曲で有名なアメリカの兄妹デュオ、カーペンターズを紹介!

 

ヴォーカルを務める妹カレンの美しい歌声は、あのビートルズのジョン・レノンも絶賛する程でした。

 

そのカレンは残念なことに1983年に亡くなっていますが、カーペンターズが残した名曲の数々は、今でも老若男女を問わず愛されています。

→ カーペンターズの名曲ベスト10!おすすめの人気アルバムも紹介!

→ カーペンターズ・カレンの死因とは? 拒食症との壮絶な闘い

 

3. ルーマー / Rumer

Rumer - Sara Smile [Official Video]

 

ルーマーは、イノセントな歌声で多くのファンから愛されているイギリスのシンガーソングライター。

 

イギリスの音楽メディアは、彼女の歌声を

ルーマーの歌声はカレン・カーペンターやキャロル・キングを彷彿とさせる「無垢な歌声」だ

と評し絶賛しています!

 

たしかにルーマーのちょっと低めの落ち着いた美声は、カレン・カーペンターを思わせるところがありますね。

 

この曲は、ホール&オーツのヒット作『サラ・スマイル(Sara Smile)』のカヴァー。

 

2012年リリースのアルバム『ボーイズ・ドント・クライ』に収録されています。

 

4. コリーヌ・ベイリー・レイ / Corinne Bailey Rae

Corinne Bailey Rae - Like A Star (New Version)

 

2006年にデビューしたイギリス出身のシンガーソングライター、コリーヌ・ベイリー・レイ。

 

ちょっとあどけなさの残るキュートな歌声が特徴の人気シンガーです!

 

デビュー曲『ライク・ア・スター(Like A Star)』は、彼女の愛らしいルックスも相まって、ロマンチックさが際立った名曲です!

 

5. キャロル・キング / Carole King

Carole King - So Far Away (Audio)

 

70年代のアメリカを代表するシンガーソングライター、キャロル・キング。

 

この『去りゆく恋人(So Far Away)』という曲は、世界で2,000万枚を超えるセールスを記録した名盤『つづれおり』に収録されています。

→ 【名盤アルバム紹介】キャロル・キング / つづれおり

 

ヴォーカルは少し拙い感じもありますが、洗練されたメロディが胸を打つ名曲です!

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

 

 

6. エンヤ / Enya

Enya - Caribbean Blue (video)

 

エンヤは、『オリノコ・フロウ(Orinoco Flow)』の大ヒットで知られる、アイルランド出身のミュージシャン。

 

最新のテクノロジーを利用した幾層にも重なるコーラス・アレンジが特徴で「ニューエイジ・ミュージック」の流行の先駆けになりました。

 

今回は、厳かで気品あふれるムードが印象的な『カリビアン・ブルー / Caribbean Blue』を紹介します。

 

7. ベン・ワット / Ben Watt

Ben Watt - North Marine Drive

 

ここからは男性ボーカルを紹介していきます!

 

ベン・ワットは、80年代にエブリシング・バット・ザ・ガールというユニットで活動していた人気ミュージシャン。

 

この『ノース・マリン・ドライブ(North Marine Drive)』という曲は彼のソロ作品です。

 

曲調はボサノバですが、独特のリバーブ(エコー)のかかったサウンドが印象的!

 

普通だったら「ちょっとダサい?」と感じてもおかしくないはずなのに、なぜか魅力的に聴こえるから不思議です。

 

青春の感覚を呼び起こすような趣きもある名曲です!

 

8. ショーン・レノン / Sean Lennon

Tomorrow

 

ショーン・レノンは、ビートルズのメンバーとして有名なジョン・レノンの息子。

 

今回は、2006年にリリースされた『トゥモロウ / Tomorrow』という曲を紹介します。

 

少年のような線の細いヴォーカルですが、繊細でメロディアスな曲調に見事にハマっていますよね。

 

私が個人的にショーンのファンということもあり、当サイトでは事あるごとに猛プッシュしています。

 

ご存じない方はぜひ聴いてみてくださいね♪

→ ジョン・レノンの息子はどんな人? 天才の子供ジュリアンとショーンの現在

 

9. ジョアン・ジルベルト / Joao Gilberto

João Gilberto - Águas de Março

 

ジョアン・ジルベルトは、アントニオ・カルロス・ジョビンと共に「ボサノバ」の創始者と称される、ブラジルの伝説的なミュージシャン。

 

今回紹介する『三月の水(Águas de Março)』という曲は、ジョアンのギターと歌声を中心にした簡素なアレンジが特徴です。

 

曲調も淡々としていますし、パッと聴いた感じは地味なんですよね。

 

ですが疲れているときに聴くと、心に染み渡るような「癒やし」を感じます。

 

気付けば再生回数ナンバーワンになっているような、日常生活に寄り添った聴き方のできる名曲です!

 

10. ジェイムス・テイラー / James Taylor

Sunny Skies

 

ジェイムス・テイラーは、キャロル・キングの盟友としても有名な人気シンガーソングライター。

 

今回は、名盤『スウィート・ベイビー・ジェイムス』にひっそりと収められた小粋な名曲『サニー・スカイズ(Sunny Skies)』を紹介します。

 

曲が良いのはもちろんですが、この声の良さ…。そしてギターの音。

 

耳に刺さる感じがなくて、優しい音色なんですよね。

 

ぜひキャロル・キングと併せて聴いてみてくださいね♪

 

 

その他のおすすめを紹介!心が落ち着く洋楽の名曲

ここからは、ベスト10で紹介できなかった曲を少しだけ紹介したいと思います。

 

11. ポール・サイモン / Paul Simon

Paul Simon -Still Crazy After All These Years

 

ポール・サイモンは、60年代に「サイモン&ガーファンクル」として数々の名曲を生み出した名シンガー・ソングライター。

 

70年代に入ってからはソロ活動を行っていますが、以前よりもジャズやソウルのテイストを強めた作風になっていて、これが本当に素晴らしいんです!

 

今回は、1975年リリースのソロ3作目「時の流れに」のタイトル曲を紹介!

 

このイントロのエレクトリック・ピアノの揺れる感じ…。これが聴きたくて何度もアルバムをリピートしてしまいます…。

 

この曲だけでなく、他の収録曲も本当に素晴らしいので、ぜひアルバム単位でチェックしていただきたいです。

 

ちなみに、この曲はカーペンターズのカレンもソロアルバム「遠い初恋」(1979年)でカヴァーしています。

Still Crazy After All These Years

 

カーペンターズ時代より大人っぽい雰囲気になっていて良いですよね♪

 

このアルバムには、こんな溌剌とした曲も収録されていますよ!

My Body Keeps Changing My Mind

 

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

12. ビージーズ / Bee Gees

Melody Fair

 

ビージーズは、60~70年代にかけて活躍した美しいコーラスが魅力の音楽ユニット。

 

今回、紹介する『メロディ・フェア』という曲は、映画「小さな恋のメロディ」の主題歌として使われたことでも有名です!

 

ほっこりするような心温まるムードに癒やされますよ♪

 

13. モッキー / Mocky

Birds of a Feather

 

モッキーは、様々な楽器を操るマルチな才能を持ったカナダ出身のミュージシャン。

 

先進的でありながら、どこか懐かしい雰囲気を持ったサウンドが魅力で、若者を中心に多くの音楽ファンから支持されています!

 

今回は、モッキーの楽曲の中でも特に人気が高い『バーズ・オブ・ア・フェザー』を紹介!

 

最新型のシティポップ、AORといった趣のある名曲です!

 

さいごに 心が落ち着くしっとりした洋楽の名曲10選

お気に入りの音楽を聴くだけで、憂うつな気持ちが晴れるときって結構ありますよね。

 

世界のトップで活躍するスポーツ選手などは、

  • 集中するとき
  • テンションを上げるとき

などシチュエーションに合わせて、さまざまなタイプの音楽を聴いているそうです。

 

それだけ音楽が人の心に与える影響は大きいということですよね。

 

皆さんも音楽の力を上手に利用して忙しい毎日を乗り切ってくださいね♪

 

関連記事(心が落ち着く洋楽)

→ 【洋楽】おすすめ女性アーティストまとめ!歴代の人気歌手・歌姫を一挙紹介!

→ 【洋楽】昔のヒット曲まとめ!有名アーティストのおすすめ名曲集【年代別】

→ 秋の夜長に聴きたい音楽|ノスタルジックな洋楽の名曲ベスト10

おすすめコンテンツ

-シーン別・おすすめ洋楽

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.