ドゥービー・ブラザーズ

ドゥービー・ブラザーズの名曲ベスト10!おすすめ名盤アルバムも紹介!

投稿日:2018年12月18日 更新日:

ドゥービー・ブラザーズ 名曲 アルバム

70年代のアメリカを代表するロック・バンド、ドゥービー・ブラザーズ。

 

名曲『ロング・トレイン・ランニン』は、テレビCMにも使われたことがあるので、ご存知の方も多いでしょう。

 

そこで今回は、

『ロング・トレイン・ランニン』だけじゃない!ドゥービー・ブラザーズの名曲ベスト10

をご紹介しようと思います!

 

併せておすすめの名盤アルバムも紹介しますので、是非チェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

Contents

 

ドゥービー・ブラザーズの名曲ベスト10!

ドゥービー・ブラザーズとは

ドゥービー・ブラザーズ メンバー

出典:https://www.thoughtco.com

 

まずは「ドゥービー・ブラザーズとはどんなバンドなのか」をカンタンにご説明します!

  • 1971年にデビューしたアメリカ西海岸のロックバンド
  • 1979年にグラミー賞を受賞!
  • アルバム・セールスは3,000万枚以上!

一時期、解散していたこともありますが、今は再結成を果たしバリバリ現役で活動中です!

 

名曲『ロング・トレイン・ランニン』がテレビCMに使用されたことも!

1994年CM トヨタ チェイサー 5代目  CHASER changes CHASER

 

1994年のトヨタ・チェイサーのテレビCMで、名曲『ロング・トレイン・ランニン』が使用されています。

 

メンバー・チェンジをきっかけに、サウンドが激変!

初期の音楽性は「男臭いロック+ファンキーなリズム」

初期のドゥービー・ブラザーズは

男臭いロック + ファンキーなリズム

というサウンドが特徴でした。

 

しかし、1975年にギターのトム・ジョンストンが一時脱退したのを機に、バンドの音楽性は大きく変わっています。

 

男臭いロックから、洗練されたAORテイストに!

トムの後釜としてメンバーに加入したのが、マイケル・マクドナルド

 

彼がバンドにもたらした影響はとても大きく、今までのロック路線から「洗練されたAOR」路線に一気に方向転換!

 

急な音楽性の変化に、従来のファンは戸惑いましたが、セールスは好調! 1979年にはグラミー賞を受賞しています。

 

そこで今回は、ドゥービー・ブラザーズの名曲を

  • ロック期のベスト5
  • 洗練されたAOR期のベスト5

この2パートに分けてご紹介していこうと思います!

 

スポンサーリンク

 

ロック期のベスト5【ドゥービー・ブラザーズ】

第1位 ロング・トレイン・ランニン(Long Train Runnin')

Long Train Runnin'

 

ロック期のドゥービー・ブラザーズの一番の代表曲です!

 

テレビCMにも使われていたので、ご存知の方も多いと思います。

 

ファンキーなギター・カッティングに注目です!

 

第2位 リッスン・トゥ・ザ・ミュージック(Listen To The Music)

Listen To The Music

 

この曲もファンキーなグルーヴが素晴らしいです!

 

サビの部分(1:00前後)を聴くと「あ~知ってる!」となりますよ♪

 

第3位 チャイナ・グローブ(China Grove)

China Grove

 

「これぞアメリカン・ロック」と言いたくなる痛快なナンバー!

 

聴いていると、悩みなんて吹き飛んでしまいそうです♪

 

第4位 ロッキン・ダウン・ザ・ハイウェイ(Rockin' Down The Highway)

Rockin' Down The Highway (2006 Remastered Version)

 

こちらもパワフルで豪快なロック・ナンバー!

 

何度聴いても盛り上がる、あらがえない魅力があります。

 

第5位 サウス・シティ・ミッドナイト・レディ(South City Midnight Lady)

South City Midnight Lady (2006 Remastered Version)

 

今までと打って変わり、カントリー調のバラードです。

 

こうしたスローな曲もドゥービー・ブラザーズは得意としています。

 

彼らの懐の深さを感じますよね。

 

ということで、ここまでが「ロック期のベスト5」でした!

 

続いては「洗練されたAOR期のベスト5」を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

洗練されたAOR期のベスト5【ドゥービー・ブラザーズ】

第1位 ホワット・ア・フール・ビリーヴス(What a Fool Believes)

What a Fool Believes (Remastered Version)

 

AOR期のドゥービー・ブラザーズの代表曲です! この曲でグラミー賞も受賞しています。

 

「完璧なポップスというのは、この曲のことだな」と思うほどの超名曲!

 

個人的には、この曲がドゥービー・ブラザーズのナンバー・ワンです!

 

第2位 ドゥービー・ストリート(Takin' It To The Streets)

Takin' It To The Streets

 

キーボードの柔らかな響きから静かに始まりますが、途中で一気にシフト・チェンジ!

 

緩急自在のアレンジに酔いしれてください!

 

第3位 ミニット・バイ・ミニット(Minute By Minute)

Minute By Minute

 

ゆったりとしたグルーヴが気持ち良いオシャレな名曲です。

 

サビのフレーズは一度聴くと耳から離れなくなりますよ!

 

第4位 ヒア・トゥ・ラヴ・ユー(Here To Love You)

Here To Love You

 

洗練されたAORテイストと、初期のロックなテイストが融合した名曲!

 

ヴォーカルの表現力が素晴らしく、聴くたびに魅了されます。

 

第5位 オープン・ユア・アイズ(Open Your Eyes)

Open Your Eyes

 

ベスト盤にはあまり収録されませんが、個人的な「推し曲」ということで選ばせてもらいました!

 

切迫感のある曲調がクセになり、なぜか再生回数が多くなる不思議な魅力を持った曲。

 

ぜひ聴いてみてください!

 

スポンサーリンク

 

ドゥービー・ブラザーズのおすすめアルバムを紹介!

ロック期の代表作『キャプテン・アンド・ミー』

1973年リリースの3rdアルバム。上で紹介した、

  • ロング・トレイン・ランニン
  • チャイナ・グローブ
  • サウス・シティ・ミッドナイト・レディ

こちらの3曲を収録!

 

ドゥービー・ブラザーズの代名詞である「南部ロック + ファンキーグルーヴ」を堪能できる名盤です!

 

AOR期の代表作『ミニット・バイ・ミニット』

1978年リリースの8thアルバム。上で紹介した

  • ホワット・ア・フール・ビリーヴス
  • ミニット・バイ・ミニット
  • ヒア・トゥ・ラヴ・ユー
  • オープン・ユア・アイズ

こちらの4曲を収録!

 

AOR期の作品では、間違いなくベストです!

 

何と言っても名曲『ホワット・ア・フール・ビリーヴス』の存在が大きいですね。

 

これだけは…、これだけは聴かないと勿体ないですよ!

 

もちろん他の曲も粒ぞろいで、洗練されたジャジーなサウンドを堪能できる名盤です!

 

あとがき ドゥービー・ブラザーズの名曲ベスト10

最近は「シティ・ポップ」が再評価されているので、その流れでドゥービー・ブラザーズ(AOR期)に興味を持った方も多いと思います。

 

ちなみに私は学生時代にマット・ビアンコのカバーで彼らの存在を知りました。

What A Fool Believes

 

うん、やっぱりカッコいいですね(再確認)。

 

AOR期のドゥービー・ブラザーズが好きな方は、TOTOもオススメ!

Toto - Georgy Porgy (Video Version)

 

ドゥービー・ブラザーズの素晴らしい音楽を皆さんもぜひ楽しんでくださいね♪

 

関連記事(ドゥービー・ブラザーズ)

→ TOTOの人気曲ランキングTOP10!おすすめの名曲・代表曲を徹底紹介!

→ ボズ・スキャッグスの代表曲ベスト10!おすすめの人気バラードや有名曲を紹介!

→ ビリー・ジョエルの代表曲・人気曲ベスト10!

-ドゥービー・ブラザーズ
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.