ビートルズ

ビートルズの横断歩道ジャケットはどんな意味があるの? 写真の場所も知りたい!【名盤アビイ・ロード】

投稿日:2018年11月9日 更新日:

ビートルズ 横断歩道ジャケット アビイ・ロード

ビートルズのアルバム・ジャケットって印象的なものが多いですよね。

 

なかでも、とりわけ有名なのが、

「メンバーが横断歩道を渡っている写真」

が使われている、あのジャケットではないでしょうか?

 

そこで今回は、

  • 横断歩道ジャケットのアルバム名は何?
  • 横断歩道ジャケットの写真の場所はどこ?
  • 横断歩道ジャケットには意味があるの?
  • ポール死亡説とは?

この4点について書いていこうと思います!

 

スポンサーリンク

 

ちょっと長くなるので、下の目次を使って読みたいところから読んでくださいね♪
※目次の項目をクリックすると移動できます。

 

ビートルズの横断歩道ジャケットのアルバム名は?

ビートルズ 横断歩道ジャケット アビイ・ロード

横断歩道ジャケットで有名なこの作品は、1969年にリリースされたアルバム『アビイ・ロード』。

 

ビートルズにとっての12作目のオリジナル・アルバムになります。

 

ビートルズ後期の傑作『アビイ・ロード』

『アビイ・ロード』は様々なトラブルが重なりバンド解散が危ぶまれるなか、メンバーが一念発起して制作したアルバムです。

 

そんな大変な状況のなかで作られたにも関わらず、収録曲は信じられないほどハイクオリティ!

 

このアルバムをビートルズの最高傑作と呼ぶファンも多いんですよ!

 

『アビイ・ロード』の聴きどころは?

カム・トゥゲザー(Come Together)

アルバム冒頭を飾るジョン・レノンの作品です。ファンキーなリズムが特徴で、アメリカのハードロックバンド、エアロスミスもカバーしています。

→ ジョン・レノンの息子はどんな人? 天才の子供ジュリアンとショーンの現在

 

サムシング(Something)

ジョージ・ハリスンの最高傑作! ジョージが、ジョンやポールに劣らぬ才能を証明した名曲です。

→ ジョージ・ハリスンの名曲ベスト10【ビートルズ~ソロ時代の代表曲】

 

オクトパス・ガーデン(Octopus's Garden)

リンゴ・スターが作曲しボーカルも努めた作品。カントリー風のサウンドがアルバムに彩りを添えています!

→ リンゴ・スターが作曲したビートルズの曲って何? ボーカルは上手いの?

 

アルバム・ラストを飾るメドレー作品

そして、このアルバムの最大の聴きどころは、ポール・マッカートニーによるメドレー作品!

 

B面の大半を占める大作で、特に終盤の

  • 『ゴールデン・スランバー』
  • 『キャリー・ザット・ウェイト』
  • 『ジ・エンド』

にかけての流れは圧巻の一言です!

 

Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

 

ポールは2018年のワールドツアーでも、ライヴのラストでこのメドレーを演奏! 大団円の中、公演を締めくくっています!

→ 【セトリ】ポール・マッカートニーのワールド・ツアー初日(2018年9月17日)のセットリストを紹介!

 

続いて「横断歩道ジャケットの写真の場所はどこなのか?」について見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ビートルズの横断歩道ジャケットの場所はどこ?

ビートルズ 横断歩道ジャケット アビイ・ロード

この横断歩道ってどこにあるの? と思いますよね。

 

実はこの横断歩道は、ビートルズが作品を録音する際に使っていた「アビー・ロード・スタジオ」の前の通りにあるもの!

 

ビートルズ人気の影響もあり、今では観光スポットになっているんですよ♪

 

ただ少し問題もあったようで…。

 

「ビートルズみたいに写真を撮りたい!」と思う観光客が、撮影に気を取られているうちに車と接触!

 

ひどいときは死亡事故になってしまったこともあったようです。

 

横断歩道が文化遺産に!

このスタジオ前の横断歩道は、

  • 世界中から沢山のファンが訪れる
  • ビートルズの歴史的な作品に写真が使われている

という文化的な背景が考慮され、2010年にイギリスの文化遺産に指定されました。

 

建物以外の場所が文化遺産になったのは、これが初めてのケースだったそうです!

 

でも何でビートルズはスタジオの前で撮った写真をジャケットに使用したのでしょうか?

 

もっとお金をかけたものや、デザイン的に凝ったものにもできたはずですよね。

 

そこで、続いては「ビートルズの横断歩道ジャケットの意味」について見ていきましょう!

 

ビートルズの横断歩道ジャケットには意味があるの?

なぜジャケット・デザインが「横断歩道の写真」になったのか? その経緯をカンタンに説明しましょう!

 

最初は世界で一番高い山「エベレスト」で撮影される予定だった

当初のジャケットのデザイン案は、エベレストの麓で撮影した写真を使用する、というものでした。

 

なぜ、エベレストなのか?と言うと…

 

ビートルズのレコーディング・エンジニアを努めていたジェフ・エメリックが吸っていたタバコの銘柄が「Everest」だったから、だそうです。

アビイ・ロード タバコ エベレスト

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Everest_(cigarette)

 

ちょっとした遊び心から出たアイディアだったのでしょうね♪

 

エベレストまで行くのは面倒!

「ジャケットをエベレストの麓で撮影しよう!」というアイディアに対しポールが、

  • 「エベレストまで行くのは面倒だよ…。」
  • 「その辺(スタジオの前)で写真を撮れば良いんじゃない?」

と提案。 そのアイディアが正式に採用され、かの有名な「横断歩道ジャケット」が誕生した、ということなんですね♪

 

なので「横断歩道ジャケットの意味は?」という疑問については、「あまり深い意味はなく、ポールの気まぐれなアイディアから生まれたもの」と考えて良さそうです。

 

ところがっ…! このジャケット写真が深読みされ、奇妙な都市伝説が浮上することになったんです!

 

スポンサーリンク

 

ポール死亡説という都市伝説が浮上!「はだし」なのが原因?

1969年当時、ポールはあまり公の場に出ずひっそりと隠遁生活を送っていました。

 

そうした事実と、ジャケット写真の、

  • ポールが裸足(はだし)である
  • ポールが目をつぶっている
  • ポールが左利きなのに右手にタバコを持っている
  • 車のナンバーが「IF28」→「もし生きていれば28才」
  • ジョンが白いスーツ →「牧師」
  • リンゴが黒いスーツ →「葬儀屋」
  • ジョージがジーンズ姿 →「墓掘り」

という要素を結びつけて、

「ポールはすでにこの世にいないのではないか?」

「今のポールは替え玉なのでは?」

という都市伝説が広まったのです!

 

ビートルズ 横断歩道ジャケット アビイ・ロード

 

こうした世間の反応に対し、ビートルズの広報は「くだらない」と一蹴。段々とウワサは消えていきました。

 

しかし、この「ポール死亡説」を題材にした本や映画がいくつも作られていることもあり、みんなで共有する「ネタ」として今でも定着しているようです。

 

さいごに:横断歩道ジャケットのパロディについて

『アビイ・ロード』のジャケットはみんなが知っている、ということもありパロディの対象になることも多いです。たとえば、

カニエ・ウェスト アビイ・ロード 横断歩道

これはカニエ・ウェストの作品ですね。

 

こちらはサザン・オール・スターズです。

サザンオールスターズ アビイ・ロード 横断歩道

こうしたパロディ・ジャケットは、他にも数え切れないほど作られています。

 

ポールのちょっとしたアイディアから生まれた「横断歩道ジャケット」が、パロディの対象になるほど世間に浸透しているのだから面白いですよね♪

 

もちろんジャケットだけでなく、音楽的にも素晴らしいアルバムなので、ぜひ曲の方もチェックしてくださいね!

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)

 

関連記事(ビートルズ)

→ ポール・マッカートニーの妻はどんな人? 天才を支えた3人の配偶者

→ 父親にそっくり?ジョージ・ハリスンの息子ダーニの才能がすごい!

→ リンゴ・スターって本名なの?名前の由来が知りたい!

-ビートルズ
-

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.