プライマル・スクリーム

【レビュー】プライマル・スクリーム『Rocks』幻のメンフィス録音の感想|音の違いについて

投稿日:2018年9月21日 更新日:

プライマル・スクリーム メンフィス

プライマル・スクリームが10月にリリースする『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ – オリジナル・メンフィス・レコーディングス』から『Rocks』の音源を公開しました。

 

簡単に言うと、過去のアルバムのお蔵入りバージョンを発売することになり、先行で1曲公開されたということ。

 

そこで今回は、

  • アルバムの基本情報
  • アルバムから先行公開された『Rocks』を聴き比べ!お蔵入りバージョンとの違いは?

この2点について書いてみようと思います!

 

スポンサーリンク

 

プライマル・スクリーム『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』幻のメンフィス音源について

今作は、イギリスのロックバンド、プライマル・スクリームが、1994年にリリースした4thアルバムのお蔵入りバージョンになります。

 

アルバムのタイトルは『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』。

 

経緯をカンタンに説明すると、

  1. メンフィスでトム・ダウドと録音したが、
  2. レーベルが仕上がりに満足せず、
  3. ジョージ・ドラキュリアスと共に録り直して発売!
  4. 最近になってメンフィスで録音した音源が発見された

ということ。

 

上の項目の1にある「メンフィスでトム・ダウドと録音した」音源が、今回発売されるんですね!

 

では、

  • 1994年に発売した音源
  • 幻のメンフィス音源

では、どんな違いがあるのでしょうか?

 

先行公開された『Rocks』を聴き比べてみましょう

 

プライマル・スクリーム、2つの音源の違いはどこ?

こちらが今回、公開された『Rocks』幻のメンフィス音源バージョン。

Primal Scream - Rocks (The Original Memphis Recordings) [Official Audio]

 

そして、こちらが1994年にリリースされたバージョンです。

Primal Scream - Rocks (Official Video)

 

素人目線ですが、パッと聴いて感じたのは、リズムの違いですよね。

 

1994年版の方が断然ファンキーです!イントロでもリズムを強調してますね。

 

全体的な音の感じも、1994年版はメリハリがあって、華やかな印象。

 

一方、幻のメンフィス音源は「温もりを感じる音」というイメージです。

 

どっちが良いか?は好みの問題になりますが、私は1994年版の方が良いかな、と思いました。

 

皆さんもぜひ聴き比べてみてくださいね!

 

あとがき:プライマル・スクリーム『Rocks』幻のメンフィス音源について

プライマル・スクリームは、アルバムごとに音楽性が変わるのが特徴。

 

1994年の4thアルバムは、アメリカのルーツ・ロックを志向したものでした。

 

よく比較されたのは、同じイギリス出身のローリング・ストーンズ

 

Brown Sugar - The Rolling Stones

 

Rocks Off ~ The Rolling Stones

 

聴いてみると確かに納得!

 

ストーンズもルーツ音楽を探求するバンドなので、ある程度、似てくるのは仕方ない気もします。

 

ですが、発売当時は「懐古主義的」と非難されることもありましたね。

 

ちなみに当時、学生だった私は断然、支持派でした。

 

このミスチルの曲なんか、ちょっと『Rocks』っぽいですね。影響の強さが伺えます。

Mr.Children「ラブ・コネクション」MUSIC VIDEO (Short ver.)

 

ということで、プライマル・スクリームの幻のメンフィス音源『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ – オリジナル・メンフィス・レコーディングス』は、日本先行で10月10日にリリース!

 

ご興味のある方はチェックしてみてくださいね!

-プライマル・スクリーム
-,

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.