洋楽アーティストの気になる情報を紹介!

大人のための洋楽ガイド

ローリング・ストーンズの名曲ランキングTOP10!おすすめの人気曲・代表曲を紹介!

 

「サティスファクション」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」などのヒット曲で有名な、史上最強のロックバンド、ローリング・ストーンズ(Rolling Stones)!

 

2019年3月には、東京・五反田でExhibitionism - ザ・ローリング・ストーンズ展』も開催され大変な盛り上がりとなりました!

 

今回はそんなローリング・ストーンズの代表曲から10曲を厳選してご紹介したいと思います!

 

 

 

こちらもおすすめ

→ 【UKロック】歴代人気バンドまとめ!おすすめの名曲・名盤も紹介

 

ローリング・ストーンズの名曲・代表曲を紹介!

ローリング・ストーンズとは?

まず最初にローリング・ストーンズとはどんなバンドなのか?について簡単にご紹介します。

ローリング・ストーンズ メンバー

  • ミック・ジャガー(ボーカル、右から2番目)
  • キース・リチャーズ(ギター、左から2番目)
  • ロン・ウッド(ギター、右端)
  • チャーリー・ワッツ(ドラムス、左端)

1962年、ロンドンで結成。翌63年にシングル「カム・オン」でデビュー。

「サティスファクション」「黒くぬれ」「夜をぶっ飛ばせ」等、ブルース/R&Bに根差したワイルドなサウンドと不良っぽいイメージで、ビートルズに対抗する世界的なバンドとなる。

出典:Universal Music

上の写真は2020年現在のメンバーになります。

 

今回ご紹介するローリング・ストーンズの名曲ランキングですが、

  • 演奏がソリッドでカッコいい
  • 印象に残るギターフレーズがある
  • ノリ(グルーヴ)が良い

というような誰にでも良さが分かりやすい曲を中心に選んでみました。

 

なので、ちょっと偏っているかも…なんですが、スリリングで危険な匂いのする「いかにもストーンズ!」な名曲が揃っていますので楽しみにしてくださいね♪

 

それでは早速、ローリング・ストーンズの名曲・代表曲ベスト10を見ていきましょう!

 

 

ローリング・ストーンズの名曲ベスト10!おすすめの人気曲・代表曲を紹介!

1. ジャンピン・ジャック・フラッシュ / Jumpin' Jack Flash

Jumpin' Jack Flash (Original Single Mono Version)

 

まずはストーンズの全キャリアを通しての一番の代表曲「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」を紹介!

 

音楽に詳しくない方でも、この曲のギターのフレーズは絶対に聴いたことがあるはずですよ。

 

「荒々しさ」と「親しみやすさ」を兼ね備えた楽曲の魅力もさることながら、曲名のネーミングセンスも奇跡的ですよね…!

 

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」って響きが完璧すぎるし、やはりこの頃のストーンズには「ロックの神様」が降りてきてたのかも、なんて思ってしまいます。

 

ちなみにこちらは1972年のライヴ動画。いやぁ若いですね…!

The Rolling Stones - Jumpin' Jack Flash (Live) - OFFICIAL

 

2. ブラウン・シュガー / Brown Sugar

Brown Sugar (2009 Mix)

 

続いて紹介するのは、今でもコンサートでは必ず演奏される定番中の定番曲「ブラウン・シュガー」!

 

出だしのギターが鳴った瞬間、心をワシづかみにされ、後はされるがままストーンズの世界に引き込まれてしまうかなり危険な作品です…!

 

「この曲でピンと来なかった方は、ストーンズとの相性はあまり良くないかも…」

 

と言いたくなるほど「ストーンズらしさ」が詰まった名曲なので、まずは一度聴いてみてください!

 

ちなみに曲名の「ブラウン・シュガー」とは、

英俗語で”精製されていないヘロイン”を指す。

出典:Wikipedia

さらに「黒人の女性奴隷」を指している、という説もあり、一部の国では放送禁止になるなど「いわくつき」の一曲でもあります。

 

3. ギミー・シェルター / Gimme Shelter

Gimme Shelter

 

ギミー・シェルター」は、ストーンズの最高傑作の呼び声も高い名盤『レット・イット・ブリード』のオープニング・ナンバー!

 

緊迫感あふれるグルーヴと情熱的な女性コーラスに思わず惹きつけられますが、歌詞は

たった1発の銃弾で全てが終わっちまう…

という反戦のメッセージが込められたシリアスな内容になっています。

 

リリース以来、ほぼ全てのコンサートで演奏されている「ストーンズの代名詞」と言っても良い作品です!

 

4. ロックス・オフ / Rocks Off

Rocks Off

 

ロックス・オフ」は、軽快なピアノの音色も鮮やかなアップテンポのロックチューン!

 

日本でもサントリーのCM曲として使われていたので、聴いたことのある方も多いと思いますよ♪

 

この曲を聴けば、少しくらいのストレスなら吹き飛んでしまうかも? と思えるほどエネルギッシュな作品なので、元気のないときはぜひ聴いてみてください!

 

5. モンキー・マン / Monkey Man

Monkey Man

 

モンキー・マン」は、ミステリアスなムードの漂うイントロから、徐々に盛り上がっていく展開がたまらないグルーヴィーな名曲!

 

「麻薬依存者」を意味する曲名どおり、終盤では「ちょっとイカれているのか…?」と感じてしまうほどのミックのクレイジーな歌いっぷりを聴くことができます!

 

 

6. ビッチ / Bitch

Bitch (2009 Mix)

 

インパクトのありすぎる曲名に一瞬引きそうになる「ビッチ」は、ソリッドなギターとファンキーなベースの絡みが最高な一曲!

 

ストーンズの曲は「モラル的に微妙かな?」と感じるような歌詞も多いのですが…

 

英語が分からない私はサウンドに集中して、あまり気にせず楽しんでしまっています。

 

7. ミッドナイト・ランブラー / Midnight Rambler

Midnight Rambler

 

ブルースハープの音色が印象的な「ミッドナイト・ランブラー」は、リリース以来ほぼ全てのコンサートで演奏されている定番ナンバー!

 

ギターのキース・リチャーズの一番のお気に入りとしても有名な作品です。

 

曲が進むにつれ、どんどんテンポが早まっていく……かと思いきや、またゆったりとしたグルーヴに戻り…という自在な曲展開に注目してください!

 

8. ストレイ・キャット・ブルース / Stray Cat Blues

Stray Cat Blues (50th Anniversary Edition)

 

ストレイ・キャット・ブルース」は、セクシーなイントロとヘヴィなサウンドに魅了される傑作ブルース・ナンバー!

 

こんなにカッコいい曲がシングルではなく、アルバムの中の一曲として収まっているところに、当時のストーンズの絶好調ぶりが感じられます!

 

9. リブ・ウィズ・ミー / Live With Me

Live With Me

 

リブ・ウィズ・ミー」は、イントロのベースラインを聴いた瞬間、体がうずくのを感じるソリッドでグルーヴィーな名曲!

 

1994年のツアーでは、この曲をアメリカの人気シンガーソングライター、シェリル・クロウと共に演奏しています。

The Rolling Stones & Sheryl Crow " Live With Me "

 

超高速になっていますね…!シェリルも頑張っていますが、ミックの貫禄に若干押され気味? という印象を受けます。

 

10. ストリート・ファイティング・マン / Street Fighting Man

Street Fighting Man (50th Anniversary Edition / Remastered 2018)

 

ストリート・ファイティング・マン」は、アコギメインとは思えないほどパワフルなサウンドが楽しめる全盛期ストーンズの代表曲!

 

90年代を代表するロックバンド、オアシスもこの曲をカヴァーしているんですよ。

Street Fighting Man

 

ライヴということもありますが、ちょっと平板なサウンドという気もするような…?

 

ストーンズの曲は全般的に「メロディ」よりも「グルーヴ」で聴かせる、という印象があるので、オアシス得意のノイズギターで埋め尽くすやり方とは少し相性が悪いのかもしれません。

 

やはりこのサウンドは、オアシス自身の曲で一番活きるので、もし気になった方はこちらの記事をどうぞ♪

→ オアシスのおすすめ名曲ランキングTOP10!代表曲・ヒット曲を一挙紹介!

 

 

その他の名曲・代表曲を紹介!(ローリング・ストーンズ) 

上のベスト10で紹介できなかった名曲・代表曲を少しだけ紹介していきます。

 

サティスファクション / (I Can't Get No) Satisfaction

[I Can't Get No] Satisfaction

 

サティスファクション」は、「その他の名曲」として紹介するのは気が引けるほど有名な初期ストーンズの代表曲!

 

テレビやラジオでもよくかかるので、若い方でも聴けば「あ、知ってる」となる方は多いと思いますよ♪

 

悲しみのアンジー / Angie

Angie (Remastered)

 

悲しみのアンジー」は、ストーンズのバラード作品では一番の知名度を誇る名曲!

 

センチメンタルな魅力ではナンバーワン!なのでメロディアスな作品が好きな方は必聴です。

 

黒く塗れ! / Paint It, Black

The Rolling Stones - Paint It, Black (Official Lyric Video)

 

黒く塗れ!」は、シタールを取り入れたエキゾティックなサウンドが印象的な作品。

 

一般的なストーンズのイメージとはだいぶ異なるメロディ・ラインが新鮮です!

 

夜をぶっとばせ / Let's Spend the Night Together

Let's Spend The Night Together

 

夜をぶっとばせ」は、軽快なピアノが印象的なアップテンポのロックナンバー!

 

70年代を代表するアーティスト、デヴィッド・ボウイもカバーしている名曲です。

 

スタート・ミー・アップ / Start Me Up

The Rolling Stones - Start Me Up - Official Promo

 

スタート・ミー・アップ」は、80年代のストーンズを代表する一曲。

 

ライブの冒頭を飾ることも多いキャッチーでノリの良い作品です!

 

ミス・ユー / Miss You

Miss You (Remastered)

 

ミス・ユー」は発売当時、流行していたディスコのリズムを採り入れた作品。

 

どんなサウンドでも「ストーンズらしさ」は全く消えないところに驚かされます!

→ 【ディスコミュージックとは?】70年代・80年代の定番の名曲を紹介!

 

 

さいごに ローリング・ストーンズの名曲ベスト10!おすすめアルバムも紹介!

ローリング・ストーンズは50年以上のキャリアがありますが、全盛期は60年代後半~70年代前半と言われることが多いんです。

 

そして、この時期にリリースされた

  • ベガーズ・バンケット
  • レット・イット・ブリード
  • スティッキー・フィンガーズ
  • メイン・ストリートのならず者

この4枚のアルバムは「ロック史に残る名盤」として多くのファンに愛されているんですよ。

 

今回、ご紹介した「ローリング・ストーンズの名曲ベスト10」もこの4枚からの選曲がほとんど。

 

「スタート・ミー・アップ」や「ミス・ユー」も本当に素晴らしいんですが、やはりこの時期の傑作群と比べると少し分が悪い気がします。

 

ちなみにストーンズに影響を受けた「後輩バンド」もたくさんいるんですよ。少しだけご紹介すると、

 

90年代に大活躍したイギリスのロックバンド、プライマル・スクリーム

Primal Scream - Rocks (Official Video)

 

ノリノリですね! 上で紹介した「ブラウン・シュガー」と少し似ている気もしますが…カッコいいのでOKです!

→ 【レビュー】プライマル・スクリーム『Rocks』幻のメンフィス録音の感想|音の違いについて

 

アメリカの大人気バンド、マルーン5のミュージック・ビデオにはミック・ジャガーが登場!

Maroon 5 - Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera (Official Music Video)

 

「ムーブス・ライク・ジャガー」という曲なんですが、動物のジャガーではなく、ミック・ジャガーのことなんですね。

 

曲調はストーンズとはちょっと違いますが、ダンサブルな良い曲なので聴いてみてください!

マルーン5のおすすめ人気曲ランキングTOP10!代表曲・アルバムも紹介!

 

あとは、小説家の村上春樹さんも好きなアメリカのロックバンド、ウィルコにもストーンズ調の曲がありますね。

Monday

 

ウィルコは、この作品を発表した90年代当時「オルタナティブ・カントリー」というジャンルに括られていました。

 

そのとき私は「オルタナティブ…? なんか難しいやつかな」と敬遠していたんですよね。

 

でも聴いてみたら、とっても歌心のある良いバンドだったので「早く聴いておけば良かった!」と後悔した思い出があります。

 

ハードなロックナンバーだけでなく、こんな切ない曲もあるんですよ。

Red-Eyed and Blue

 

泣ける…。ウィルコは演奏や独特のサウンドも素晴らしいので本当におすすめしたいバンドです。

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン

 

まだまだご紹介したいバンドはたくさんあるんですが…キリがないのでこの辺で。

 

「ストーンズのアルバム、どれから聴こうかな…」と迷われている方は、まずはベスト盤から入るのもおすすめですよ♪

 

2019年4月19日には、最新のベスト盤『HONK』も発売されました!

 

ローリング・ストーンズの全盛期の4作品はこちら!

 

 

CHECK!

音楽界のトップスターたちによる伝説のチャリティ・コンサートの様子を収めたドキュメンタリー『12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ』をご存知でしょうか?

12-12-12 Official Trailer #1 (2013) - Documentary HD

それは音楽史に永遠に刻まれた伝説の一夜。

史上最大規模のチャリティ・コンサートとそのバックステージに完全密着!

  • ポール・マッカートニー
  • ザ・ローリング・ストーンズ
  • ザ・フー
  • エリック・クラプトン
  • ビリー・ジョエル
  • ボン・ジョヴィ
  • ブルース・スプリングスティーン

などが参加した、史上最大規模のチャリティ・イベントを舞台裏から描く!

誰も見たことのない、スターたちの意外な素顔も…?

普段はなかなか見られない楽屋裏のスターの映像もあってかなり面白かったです!

 

今なら Amazonプライムビデオ(初めての方は30日間無料)で見られますので、気になった方はチェックしてみてください。

【12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ】の詳細を見る

Amazonプライムビデオの登録方法

 

こちらもおすすめ!

70年代アメリカを代表するロックバンド、イーグルスの名曲・名盤をまとめました!

イーグルス メンバー デビュー時
イーグルスの名曲ランキング10選!おすすめの人気曲・代表曲を紹介!

  「ホテル・カリフォルニア」「ならず者」などのヒット曲で有名なアメリカの人気ロックバンド、イーグルス(Eagles)!   70年代初頭から後半にかけて数々の名曲をリリースし、当 ...

イーグルス ホテル・カリフォルニア
イーグルスのおすすめ人気アルバム3選!必聴の名盤をランキングで紹介!

  70年代アメリカの音楽シーンを代表するロックバンド、イーグルス(Eagles)!   カントリー調のおおらかなサウンドから、R&Bテイストを採り入れたサウンドまで幅広い ...

 

ストーンズと同じイギリス出身の人気バンド、レッド・ツェッペリンの名曲・名盤はこちら!

レッド・ツェッペリン Ⅰ
レッド・ツェッペリンのおすすめ人気曲TOP10!有名曲・代表曲を一挙紹介!

  「天国への階段」などのヒット曲で有名な世界的ロックバンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)!   独創性あふれるダイナミックなサウンドで、70年代のロックシーン ...

レッド・ツェッペリン Ⅳ
レッド・ツェッペリンのおすすめ人気アルバム3選!必聴の名盤をランキングで紹介!

  70年代ロックシーンにおける最重要バンド、 レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)!   「ヘヴィメタルの元祖」と呼ばれ、後進のミュージシャンにも絶大な影響を与えた、 ...

 

有名アーティストの「隠れた名曲」を紹介する記事で、ストーンズの作品も取り上げています。

【洋楽】隠れた名曲まとめ|ロックからバラードまで知られざる傑作を紹介

  洋楽をたくさん聴いていると、 「この曲、すごく良いのに、なぜかあまり知られてないんだよな…」 と思うことってありますよね。   今回はそんな「洋楽アーティストの隠れた名曲」をご ...

 

こちらの記事では洋楽の有名アルバムジャケットを紹介しています!

ニルヴァーナ ネヴァー・マインド
何枚わかる? 洋楽の超有名アルバムジャケット20選!おしゃれなアートワークも紹介

  洋楽ファンにとって大きな楽しみのひとつが、アルバムジャケットのアートワーク!   有名な作品ともなると 「音楽は聴いたことないけど、ジャケットは知ってる」 というケースもあった ...

 

関連記事(ローリング・ストーンズ)

→ ビートルズの名曲ランキングTOP20

→ ボブ・ディランの名曲ランキング10選

→ エリック・クラプトンの名曲ランキングTOP10

→ ボブ・ディランのおすすめ人気アルバム5選

→ 【洋楽】60, 70, 80年代のヒット曲まとめ

おすすめ記事

1

クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒット以降、 エルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』 ビートルズを題材にした『イエスタデイ』 などなど…音楽をテーマにした映画が世界的に流行って ...

洋楽 女性 アーティスト おすすめ チャーチズ ローレン・メイベリー 2

  テイラー・スウィフト、マライア・キャリー、マドンナ、カーペンターズ…   いつの時代も必ず、世界中の音楽ファンをトリコする女性歌手がいますよね!   そこで今回は、歴 ...

Amazon Music Unlmited ロゴ 3

ここ数年の間で、定額制の音楽配信(聴き放題)サービスを使う人が本当に増えましたよね。 Spotify Apple Music LINE MUSIC Amazon Music Unlimited などな ...

スーパーソニック2020 4

  「スーパーソニック2020」が、9月19日(土)20日(日)21日(月)の3日間にかけて開催されます。 SUPERSONIC 1st Line up Announced   そ ...

5

この記事では、Amazonギフト券を購入して1,000円分のポイントをもらう方法をご紹介します。   手順は簡単なので、ぜひチェックしてみてくださいね。   Amazonギフト券を ...

-ローリング・ストーンズ

Copyright© 大人のための洋楽ガイド , 2020 All Rights Reserved.